サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/11/01 23:37

投稿元:ブクログ

第一章 目的ーあなたはなぜ働くのか
・あらゆることを明確にしよう
・複雑なことを複雑に考えてはいけない
・夢と仕事をつなげよう
・背伸びしないと成長できない
・思い通りにならないことを楽しもう
・本当にやりたいことを知れば判断力は上がる
・仕事は最高にわくわくする冒険だ
第二章 集中ー内なる自分を発見する
・自分は今、何を考えているのか
「今どうしてこの判断をしたのか?」
「なぜ自分はこんな発言をしたのか?」
振り返ってみる
・集中力を高めるエクササイズ
定期的に体を動かし脳をリセットし集中力をアップさせる
・もっと孤独になろう
「自分の本当の気持ちがわかる」「思考が整理される」「黙る力が身に付く」「将来の展望を考えられる」「自分の目的を確認できる」
・本当の才能はどこにある?
・これをやったらあれをやる
→目標を達成するための行動を決めてその行動を引き出すトリガーを作ろう
・他人の欠点は自分の欠点
・ビジネスマンのためのエネルギー管理術
・つまらない初稿を書こう
→下手くそな初稿がなければ美しい初稿はけっして生まれない
第三章 具体化ー夢をビジネスに進化させる
・心を動かす「理想」をかかげよう
・ベンチャーと中小企業は何が違うのか
・夢をビジネスにつなげる3つの質問
「自分の仕事でいちばん好きなところはどこか?」
「誰にとってのヒーローになりたい?」
「今の仕事は、あなたの好きに動かされているか?」
・未来から現在を振り返ろう
→今から3年後の自分になったと仮定しこの3年間を振り返って自分が成長できたと心から満足するためにどんな出来事が起こる必要があるか?逆に、その気になればできたのに一歩踏み出せず後悔したことはあるか?
・なぜをビジネスの中心に置く
・選ばれる会社になるためのヒント
「顧客を選り好みする」
「もっといいやり方を探す」
「一点もので勝負する」
「ショートカットをつくる」
「高いものを安くする」
「不便を便利に変える」
「デザインにこだわる」
・小さな長所をアピールしよう
→顧客の心をつかむ一番の方法は仕事の「なぜ」を伝えること
目的意識に共感してもらう
・魅力的な会社が大切にしている七つのこと
1 インスピレーション
2 イノベーション
3 遊び心
4 コミュニティ
5 便利
6 シンプル
7 サプライズ
第四章 共有ー優れたリーダーは優れた語り手である
・チームのコミットメントが会社を強くする
・最強のチームを作る五つのルール
1 正しい人を雇う
2 ストーリーを繰り返し語る
3 正しい手順を徹底する
4 目指すものを明確にする
5 最高の道具を用意する
・強い企業文化はコミットメントの共有から
・共有の文化を作る七つのアイテム
1 ストーリーを共有する
2 価値観を共有する
3 目的を共有する
4 プランを共有する
5 リーダーシップを共有する
6 結果を共有する
7 経営者意識を共有する
・英雄のストーリーを語ろう
・力強いストーリーを組み立てる技術
「未来を語る」「顧客を語る」「業界を語る」「体験を語る」
・個人的ななぜを語ってみよう
・自分達の価値観を宣言しよう
・価値観に命を吹き込もう
第五章 メンバーー社員のパフォーマンスを最大限に引き出す
・人材採用はなんとなくの印象で決めよう
・社員の口コミで人材を探すには
・これから10年活躍できる人の特徴とは
→未来思考の人材
「コラボレーション」「デザイン」「ソーシャルスキル」「テクノロジー」「キュレーション」
・社員の夢をかなえる会社
・顧客サービスの前に社員サービスを
第六章 計画と実行ー計画を制するものは仕事を制する
・絶対にやるべきこと以外はやってはいけない
・仕事のピラミッドを設計する
1 ビジョン
2 最優先課題
3 中短期のゴール
4プロジェクト
5 タスク
・ 3つのサイクルで実行力を倍増させる
・できないこと、やらないこと、やってはいけないこと
【できないこと】苦手なこと
【やらないこと】そればかりやっていると大事なことを見逃してしまうこと。できるけどやらない
【やってはいけないこと】生産性を下げている行動
→お金にならない仕事にかける時間を極限まで減らし、お金になる仕事にかける時間を出来るだけ増やす
・プランニングの七ステップ
1 最優先課題を決める
2 ゴールを設定する
3 レビューを入れる
4 ゴールの具体例を示す
5 困難を予測する
6 戦略を立てる
7 タスクを特定する
・ミーティングを昼寝の時間にしないために
1 モダンミーティングは、すでになされた決定を後押しするものである
2 モダンミーティングは、時間通りに始まり、テンポよく進行し、時間通りに終わる
3 モダンミーティングは、出席者の数を制限する
4 モダンミーティングは、準備不足を許さない
5 モダンミーティングは、明確なアクションプランを生む
6 モダンミーティングは、情報共有の場ではない。資料は事前に読んでおくこと
7 モダンミーティングは、ブレインストーミングとへいようされたときに真価を発揮する
・定例ミーティングはサイクルで使い分ける
「四半期ミーティング」「月次ミーティング」「週次ミーティング」
・15分の立ち会議が一日を変える
→朝15分間
「今やっていること」「重要な数字」「問題点」「成果」
大切なのはきちんとルールを決めてその通りに実行すること
第七章 成長ー仕事は成長の場である
・教えることは学ぶこと
「教えることは全員のタスク」
「一対一で話をする」
「勉強会を開く」
・深く聴くスキルが仕事力の鍵になる
・聴く技術を磨くトレーニング
1 顧客の話を聴く
2 部下の話を聴く
3 自分の心の声を聴く
4 音楽を聴く
5 身の回りの音を聴く
・本当に役立つ社員研修とは
→外部の研修だけに頼っていては会社の文化が受け継がれなくなってしまう
・社員が一人残らず知っておくべきこと
1 私たちはこんな人達と仕事がしたい
2 私たちにはこんな独自の魅力がある
3 こんな悩みを解決したい
4これが私たちのブランドイメージ
5 今一番の売りは、これ
6 お客様はこんなふうに 見ている
7 会社の利益が上がる仕組み
・経営者マインドを浸透させよう
・やる気の出る報酬制度とは
・仕事が教えてくれた10のこと
1 最初よりも最後が肝心
2 使命はむこうからやってくる
3 いい顧客とつきあおう
4 仕事は持ちつ持たれつ
5 困難は情報源
6 自分と他人を信頼しよう
7 苦手なことをやってはいけない
8 部下の気分を良くしよう
9 細かい数字は気にしない
10 人に助けてもらおう
第八章 コミュニティーすぐれたビジネスは人をつなげる
・ビジネスを始める前にコミュニティをつくろう
・コミュニティを盛り上げる五つのアイデア
1商品が信頼をつくる
2 無料でも品質にこだわろう
3継続的なサービスが利益を生む
4 メンバー特典を用意しよう
5 顧客をマーケティングに巻き込もう
・成功とは、たくさん買ってもらうことではない
【パタゴニア例】
「リデュース(削減)必要のないものは購入しない」
「リペア(修理)破損した製品は修理する」
「リユース(再利用)それを必要としている人に売るか譲る」
・理想的な顧客を集める方法
「顧客層を知る」
「ソーシャルメディアで心理と行動を知る」
「ふさわしくない顧客はお断りする」
「理想の顧客像を明確にする」
・起業する人はどんな顧客を選ぶべきか
1 出来るだけ小さなマーケットを選ぶ
2 価値の仮説を立てる
3 仮説をテストする
4 理想の顧客を思い描く
5 会社の戦略に組み込む
・顧客のコミットメントを引き出す4ステップ
「ストーリーを語る」「最初に顧客の反応を考える」「新たな発見を提供する」「場を作り出す」
・コミュニティマネージャーを育成しよう
「フェイスブックやツイッターで情報発信しコミュニケーションをとる」「顧客同士を結びつけるような企画を考える」「顧客の声を社内に伝える方法を改善する」「業界内でのネットワークを広げる」「顧客とふれあう機会を増やし改善する」「ブロガーやジャーナリストとの関係を築く」「顧客と協力して意見をまとめ社内にフィードバックする」
第九章 ストーリーー誰もが主役になりたがっている
・顧客をストーリーに巻き込もう
→顧客が否定的なストーリーを語っていればあなたの会社のイメージは一気に否定的になるだろう
「顧客に自分達の目的や価値観をしっかり伝える」
・顧客を物語の主役にしよう
・顧客のバックストーリーを知ろう
「何を嬉しいと思うか」「どんな悩みを抱えているか」「どんな困難に直面しているか」「我々の製品、サービスから何を得ようとしているのか」「目指しているゴールは何か」「どんな体験にわくわくするか」「どこで情報収集をしているか」「誰をいちばん信頼しているか」
・世界に向けて語りかけよう
・信頼を勝ち取る「質問」テクニック
1 その人について質問する
2 もっと質問する
3 回答に合わせた情報を見せる
・顧客獲得の無敵サイクル
1 話を聞く
2 情報を広める
3情報を深める
4 成功のイメージを語る
5 ふたたび聞く
・顧客をハッピーにしよう
「個別のフォローアップ」
「効果測定とサポート」
「情報発信に巻き込む」
「人脈作りの場を提供」
「イベントを開催する」
第十章 拡大ー世の中に価値を広めよう
・クチコミを引き出すテクニック
・キュレーションで情報発信を加速しよう
・世の中のプラットフォームになろう
キーワード「オープン」「コラボレーション」
・仕事とは、価値を生み出すこと
「成長を支援する」「ノウハウを教える」「フィルタリングとパッケージング」「つながりを支援する」
・パートナーシップで相乗効果を生み出そう

まとめ
・コミットメントの七要素
1 覚悟を決めよう
2 仕事を自分の夢につなげよう
3 大きな 目的を掲げよう
4 力強いストーリーを語ろう
5 生きた戦略を立てよう
6 社員の力を引き出そう
7 最高の顧客体験を生み出そう

2015/07/11 14:03

投稿元:ブクログ

「いつもの仕事をスペシャルな冒険に変える」と謳っている通り、ルーチン化・マンネリ化しがちな仕事を、わくわくする挑戦に変える為のやるべきこと、考えるべきことをまとめた書籍。中でも明日から仕事の場で実践したいなあと思ったのは「ストーリーを語る」ということ。何かを人にお願いしたり、一緒にモノ作りしていく上で、共感してもらい、理解してもらうことは極めて大切だ。その為に「相手を主役に設定」し、「敵(解決したい問題)を設定」し、「冒険に誘う(ビジョンを示す)」。「困難を乗り越え」、最後には「自由を手にする(世界がどう変わるのか具体的なイメージを伝える」。つまらない「仕事のお願い」ではなく、「新しい世界を観る為の冒険」を語れる人になりたい。

2015/05/16 19:02

投稿元:ブクログ

コミットするには?

→明確な目的意識がなければコミットメントは生まれない
まずは自分の気持ちを振り返り、何のために働くかをはっきりさせる
強い企業文化は共有から生まれる
仕事とは価値を生み出すこと

3 件中 1 件~ 3 件を表示