サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

朝日のような夕日をつれて 21世紀版

朝日のような夕日をつれて 21世紀版 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

不条理演劇の先駆者

2015/09/29 04:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

実験的な戯曲といえばサミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」を思い浮かべるだろう。日本ではベケットに影響を受けた著者が、早稲田大学在学中にいち早くこの作風を取り入れた舞台を上演した。おもちゃ会社のなかで新商品を生み出そうとするあまり混沌に落ちていく登場人物たちが描かれる。これは演劇界に新しい流れを起こそうとする、若き日の筆者そのものなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/23 00:52

投稿元:ブクログ

捉えどころがなくて、雲の中を歩いているような感覚。読んでいて不安になってくる。言葉は次から次へとたくさん出てくるのに霧のように拡散していくよう。と思うと、ところどころに鋭く光るナイフのような一行があったりして。一度読んだだけじゃわからない。これを舞台で役者さん達が演じるとどんなリアリティーが生まれるのか観てみたい。

2014/09/07 19:08

投稿元:ブクログ

福岡公演千秋楽を思い出しながら、読んだ。
意味を理解するには何回も読む必要がありそう。
言葉の響きや役者の言い回しを思い出すだけで、ワクワクする。

3 件中 1 件~ 3 件を表示