サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

宮台教授の就活原論(ちくま文庫)

宮台教授の就活原論 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/16 10:25

投稿元:ブクログ

<目次>
まえがき
第1章  なによりも、”適応力"が求められている
第2章  仕事は自己実現の最良の方法ではない
第3章  自己実現よりも”ホームベース"を作れ
第4章  自分にぴったりの仕事なんてない
第5章  CMと就職情報サイトに踊らされない仕事選び
第6章  就職できる人間になる”脱ヘタレ”の心得
第7章  社会がヘタレを生んでいる
第8章  すぐには役だ立たない就活マニュアル
あとがき

<内容>
大学時代にその後もろくに勉強してこなかった私には難しい言葉の連発で、まさに”ヘタレ"の状態だった。しかし何とか著者の言いたいことは見えてきた。就職=人生のゴール、とは思うな。今後の社会は国家も会社も各自を守ってくれない。だから、自分の”自分”たる部分をしっかり持つ(作る)ことで、"ホームベース"を持ち、精神的にも肉体的にも生きていけるようにしなければならない。それによって、自分の人生を維持できる…。
まあ、仕事に踊られるな、国家に踊らされるな、いろいろな社会(友達・趣味の世界・隣人などなどのネットワーク)につながりを持っていくことが今後の生きる道、だということ。

2016/10/09 09:57

投稿元:ブクログ

世に言うこれ読めば内定取れるよというような安易なハウツー本ではなく、就職活動の原論なので、そもそも就活とは何なのか前提条件を明らかにし、学生が置かれている立場や就職活動に臨むにあたって備えるべき正しい姿勢、真髄を提示する。
重要なのは、与えられた学生期間を誰よりも充実させ、何にでも適応できる力や実績を積み、それを表現できるようになること。要はチャレンジしているかどうか。就活直前になって焦り小手先の技術に走ろうとする時点で既に半分以上勝負はついていることを知らなければいけない。
そもそもその企業を受けるにあたって持っている最終目的は何なのか?周囲の期待に応えたいがため大企業を受けている承認欲求だけで動いている人は既に人生が終わっているという刺激的な内容が印象的である。だがこれは明らかに正しい。
高校生、大学1年生はいち早く読んだ方が良いのではないだろうか。こんな親切な本を世に送り出した宮台氏の社会貢献度は計り知れない。

2 件中 1 件~ 2 件を表示