サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

徒然草REMIX(新潮文庫)

徒然草REMIX みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/02/09 10:02

投稿元:ブクログ

「枕草子REMIX」を読んだことがあって、あちらは「わかるー」とか「昔も今も変わらないんだねえ」なんて共感しながら読んでましたが、こちらはそうはいきませんでした。

男と女の違い? 時代のせい?
兼好さんがもう「うるせえジジイだな」としか思えませんでした。

たまに入る清少納言さんとの対談がおもしろかったです。

2016/04/30 18:25

投稿元:ブクログ

兼好は渋好みで、わざとらしさが嫌い。意味のないおしゃべりや自己顕示も嫌い。
そして女、子供も嫌い。
そういうのは徒然草を読めば誰しも分かることだけれど、酒井さんは、「ほんとは女も嫌いじゃないんでしょ、自慢もしたかったんでしょ」とまぜっかえす。
時には清少納言まで登場させて。
大上段から振りかぶっちゃって、これだから男は、って口吻を感じる。

読み口軽く、気楽に読める。
巻末の徒然草の旅、双ヶ岡がそんなさみしい場所とは知らなかった。
つれづれ最中、ちょっと興味が惹かれる。

2014/12/17 21:43

投稿元:ブクログ

古文の教科書に載っていたときは、小難しくって苦手だったけど、酒井さんの解説で、「兼好って私たちの時代の人と変わんないんだな〜」と親近感がわいた。

2014/10/23 22:28

投稿元:ブクログ

観点の違いですね。非常に楽しく読めました。古文とか難しいだけのイメージしかなかったけど、こう現代風に解釈するといつの世も変わらないのだなと。

4 件中 1 件~ 4 件を表示