サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ユダヤ人とクラシック音楽(光文社新書)

ユダヤ人とクラシック音楽 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/02/01 16:43

投稿元:ブクログ

タイトル見て納得、です。クラシック音楽はヨーロッパで育まれた訳ですが、ユダヤ人が大きく関わっているのは確か。自分の好きな演奏家を思い起こしてみてもユダヤ人だらけです。
驚くのはナチの迫害を避けて日本にやってきた指揮者や演奏者たちが多かったこと。日本はドイツとつながっているのにユダヤ人の受け入れは問題なかったんですね。戦時中も彼らは日本で音楽教育を続けていました。これなしに今のクラシック音楽の広がりも日本ではなかったんでしょう。
納得と驚きのある新書でした。新書なので、そう深くは探っていませんが、よくわかる本だと思います。

2014/09/27 12:23

投稿元:ブクログ

ワーグナーが自ら残した音楽と思想によって、それがドイツ人のナショナリズムを喚起するアイコンになった。
ライン川の黄金で造った魔力で世界征服を現実にするための指環こそ、ユダヤ人が手にした神に選ばれし民というスローガンそのものだとワーグナーは考えた。ワーグナーはドイツ人の優位性を疑わなかった。ワーグナーは旧約聖書の神との契約が頭から離れなかった
ホロコーストがユダヤ人を覚醒させた。

2015/10/13 09:54

投稿元:ブクログ

クラシック音楽の世界におけるユダヤ人の占める役割というか占める割合の多さに今更ながら驚く。何故そうなのか?いくつかの理由が挙げられているが、本質的にはその民族の持つ優秀性というのがあるのでしょうね。

3 件中 1 件~ 3 件を表示