サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

皇女の霊柩(講談社文庫)

皇女の霊柩 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/03/09 17:45

投稿元:ブクログ

皇女和宮が降嫁の際に立ち寄った馬籠宿の脇本陣には、幻の柩が残されていたーー。姪に頼まれ、大学の人類学研究室職員の女性殺害事件の謎を追って妻籠・馬籠を訪れた浅見光彦は、そこでも女性が殺されていたことを知る。二つの殺人を結ぶ柩。和宮の怨念が、浅見に立ちはだかる。シリーズ屈指の歴史ミステリー。

2016/03/14 22:01

投稿元:ブクログ

皇女和宮が降嫁の際に立ち寄った馬篭宿の脇本陣には、幻の柩が残されていた―。姪に頼まれ、大学の人類学研究室職員の女性殺害事件の謎を追って妻篭・馬篭を訪れた浅見光彦は、そこでも女性が殺されていたことを知る。二つの殺人を結ぶ柩。和宮の怨念が、浅見に立ちはだかる。シリーズ屈指の歴史ミステリー。

2016/08/02 04:38

投稿元:ブクログ

浅見光彦の姪の友達の母親が死体第1発見者でウツになっているので事件を解決してほしいとの依頼から殺された女性の謎を追って馬籠まで行き、そこでも女性が殺されて第1発見者の娘と遭遇する。警察は2人の関係を別に考えて捜査は難航していたが浅見は同時期に東京出身の女性が馬籠で、馬籠出身の女性が東京で殺された関係を深く追求していく。
浅見光彦の事件から解決まで浅見だけの視点で話が進んでいくのではなくその地域にすんでいる人の生活などが同時進行で進んでいくので飽きることなく、飛ばして読むことなくじっくり読める作品だと思った。
2016.07.30読了

3 件中 1 件~ 3 件を表示