サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

峠うどん物語 上(講談社文庫)

峠うどん物語 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

H26.11..27読了

2014/11/29 07:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竹匠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生からみた死と生

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/23 08:31

投稿元:ブクログ

市営斎場の前に立つ祖父母が経営するうどん店『峠うどん』の手伝いを続ける中学二年生の淑子。
お葬式の後、様々な気持ちを抱えて峠うどんにやって来る人々。それらの人々から伝わるあたたかくてたいせつなこと。
個人的には第5章の『メメモン』のお話が一番好き。ひいおばあちゃんとの思い出を思い出したミヤちゃんの姿、電車の中でこの本を読んでいたんだけど、涙が止まらなくなってしまった。
十年後、二十年後、今と変わらないいつもがあるわけじゃない。今いる家族がいないかもしれない。そんなこと考えたくないけどそれが現実で、それが生きるということで、言葉では伝えられないけど、たいせつな想いを伝えてくれた物語だった。

2014/11/09 14:10

投稿元:ブクログ

内容紹介
中学二年生の淑子は、市営斎場の真ん前に建つ祖父母の店の手伝いをつづけていた。ある日、父親の中学時代の同級生が急死、クラスで一番うるさい男子も暴走族の親戚が事故で亡くなり、通夜が行われることになった。やりきれない気持ちで暖簾をくぐる人たちがそっと伝えてくれる、あたたかくて大切なこと。
内容(「BOOK」データベースより)

2014/11/18 11:00

投稿元:ブクログ

うどんが食べたくなった。冷たいのではなく温かいうどん。心まで温まりたい。
斎場の前にあるうどん屋さんの話。お客は葬儀参列者。いろいろな思いを抱えたお客を迎え、送るうどん。
連続短編集かな?さくっと読める分、感動が足りないな。

2014/11/03 14:19

投稿元:ブクログ

市営斎場が前に建ってしまったうどん屋さん。お客さんの殆どは参列者……それも亡くなった人とは近くもなく遠くもない微妙な距離の。中学二年生の淑子ちゃんの感じることや祖父母の応対に共感を抱く。おしゃべりも沈黙もその時々の意味がある。

2014/12/05 22:39

投稿元:ブクログ

テレビドラマにすればいいのに。
日曜劇場とかピッタリ。
もうドラマ化前提で書いたとしか思えない。

でも視聴率取れなさそうだなあ…

2016/02/04 21:41

投稿元:ブクログ

中学二年生の淑子が、祖父母が営むうどん店の手伝いを続けることで、学校では教えてくれない人生の大切なことを学んでいく連作長編小説。
味に自信があるのに、店は斎場の真ん前という設定が面白い。頑固一徹の祖父のこだわりはうどんだけではなく、人として生きる道にも厳しく、明るくおしゃべりな祖母の一言にも優しさと厳しさが同居している。あったかいうどんが食べたくなる、そして命の大切さを改めて知る物語である。

2016/03/06 21:28

投稿元:ブクログ

中学生の孫とおばあちゃんの関係がなんとも良い。中学二年生のよっちゃんが、祖父母が営むうどん屋『峠うどん』を手伝う話。いやいやではなく、親に反対されながらも、『峠うどん』のお手伝いが大好き。わざわざバスに乗ってまで。前向きに来店するわけではない、『峠うどん』の暖簾(のれん)をくぐるたくさんの人たちが教えてくれる、命についてのこと。引き込まれてしまう。

2015/01/02 22:36

投稿元:ブクログ

斎場の近くにあるうどん屋さんでお手伝いする女の子と斎場を通して知り合った人々との出来事を通して成長していく。

人の死が関わってくるので、どうしても暗い雰囲気は拭えない。しかし、それぞれの話の中には、暗いだけでは済ませられない、心を打つ部分が必ずある。じんときました。

2015/01/23 13:16

投稿元:ブクログ

相変わらずの重松清節に、心がホッコリ。
職人気質で頑固な祖父と、陽気でおしゃべりな祖母、そしてともに教師の父と母と、素敵な家族に囲まれた中学三年生淑子の眼を通した、人生の大切なことを気づかせてくれる物語。
なかでも、「トクさんの花道」は◎。

2014/12/31 18:53

投稿元:ブクログ

色々と書きたい気持ちは多々有るのだが、ぐだがだと感想を述べるのがアホ臭く思えるくらいすっごくいい物語だった。

2014/11/16 03:39

投稿元:ブクログ

引き続き重松清作品。
人の死とは何かを重松清氏なりに子供にも分かる目線で描いた作品。
トクさんのやさしさにほろっと来たが泣けるほどでもなかった。

2014/12/04 21:44

投稿元:ブクログ

うーむ。ちょっと合わなかったな。
読後しばらくして気が付いたのだが、たぶん説明が多過ぎるんだ。

若い人ならいいかも。

取り敢えず、頑張って下巻を読んでみます。

2015/01/13 10:16

投稿元:ブクログ

相変わらず高度な文章表現力がある重松清さん。今回の主人公も中学生の女の子だが、テーマとしては大きすぎる「生と死」について「葬儀場近くのうどん屋」という視点から伝えてくることに斬新さを覚えました。最初は少し重いかな?とも思いましたが、読了後はいつもと同じ、心が穏やかな気分になります。下巻が楽しみです。

2015/03/09 17:39

投稿元:ブクログ

中学二年生の淑子(よしこ)は、市営斎場の真ん前に建つ祖父母の店の手伝いをつづけていた。ある日、父親の中学時代の同級生が急死、クラスで一番うるさい男子も暴走族の親戚が事故で亡くなり、通夜が行われることになった。やりきれない気持ちで暖簾をくぐる人たちがそっと伝えてくれる、あたたかくて大切なこと。

17 件中 1 件~ 15 件を表示