サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

税務調査を法的に視る

税務調査を法的に視る みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/01/17 17:50

投稿元:ブクログ

弁護士の視点から税務調査の基本的なことが解説されている。税理士も税務署職員も事実認定による是否認は得意だが、具体的な法令解釈に基づくものであるかは疑わしい。つまり法的三段論法ができていないのだ。
法的三段論法とは、まず(A)法律の規定を解釈して規範を定立する(法解釈・大前提)。次に(B)証拠により事実を確定させる(事実認定・小前提)。最後に(C)として(A)大前提に(B)小前提をあてはめることで結論を導くものだ。税務調査においても本当はこのようなロジカルな思考過程を辿って更正処分が打たれなければならない。この思考過程が辿られなければ、その更正処分は違法なものとなるはずだ。審査請求でもそのような更正処分は理由不充分として取り消されるはずである。
審査請求については、十分な説得力を有する文章力も必要となること当然だ。

1 件中 1 件~ 1 件を表示