サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

塩一トンの読書(河出文庫)

塩一トンの読書 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

書評好きには

2015/11/14 15:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫目太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後、付箋を貼った箇所に記載された本を数冊検索。そして購入。残念ながら、価格が高いので諦めた本も多数。著者の「深く広い読書」に感銘を受けた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/31 18:54

投稿元:ブクログ

神楽坂のかもめブックスで購入。初めての須賀敦子。

「ひとりの人を理解するまでには、すくなくとも、一トンの塩をいっしょに舐めなければだめなのよ」
ではじまる冒頭の節は、これからも何度か読み返す文章なんだろうなあと思う。

他のエッセイがどうなのかは分からないけれど、この本に関しては荒川洋治を彷彿させる。次々と本を読みたくなる。読んでない本に関する書評なのに、説教臭くもなく、次々読んでみたいと思わされる。書物へ向かう好奇心が尽きない人が書く文章だからこそ、読み手も影響されるんだろう。
そして、書評としてだけではなくて、エッセイとして面白いということ。そこが大事なポイント。

次は「コルシア書店の仲間たち」を読んでみよう。

2015/06/04 15:16

投稿元:ブクログ

「ひとりの人を理解するまでには、すくなくとも、一トンの塩をいっしょに舐めなければだめなのよ」
ミラノで結婚してまもない頃の筆者に諭したという姑のこの言葉、そして本、特に古典とのつきあいにも同じことが言えるという筆者の解釈に強く感銘を受けた。
読書は大好きだけれど、自分の読書はスイーツを食べる感覚に似ている、と思った。
時には精進料理のようなものや、ステーキみたいなご馳走にも手を伸ばすし、まがい物はある程度見分けられる自身も多少なりとあるので味音痴ではないと思う。
けれど、どのくらい深く味わっているか、を問われると正直自信がない。
この本も、少し前に読んだ書評本も、読んでいて素直に面白いと思うとともに、自分の読書の経験値の低さ、知識不足に気の遠くなる思いに落ち込む。
書物の大海の広さに愕然とするだけではなく、その先に待っているであろう未知の世界や新たな出会いにワクワクする気持ちももちろん湧いてくるけれど。
私の読み解く力はまだまだ未熟で、大海の遥か沖まで漕ぎだせるほどのチカラは持っていないけれど、楽しみながらも深く味わい、いつか一トンの塩を舐めきる日が来ると良いと思う。

2014/11/04 15:11

投稿元:ブクログ

全集2〜4巻を底本に、書評・映画評などを中心に編まれている。気軽に持ち歩ける文庫本になってうれしい。
表題作の随筆は何度も読み返し、つねに心に留めておきたい内容。次から次への新刊に溺れてあれこれ濫読しがちだけれど、人生とともに関係を深めていく読書も大切にしなければ。

2016/08/26 11:35

投稿元:ブクログ

「ひとりの人を理解するまでには、すくなくも、一トンの塩をいっしょに舐めなければならないのよ」
著者の須賀さんが結婚して間もないころ、姑に言われた言葉がこの本のタイトルに。

一トンという大変な量の塩をともに舐めつくすには、途方もない時間がかかる。一人の人間を理解するというのは、生易しいことではない、ということ。
そして須賀さんは古典文学に触れたとき、この姑の言葉を思い出すのだそう。理解しつくすのがひどく難しい、という意味で。

海外で暮らした経験を持つ文筆家、須賀敦子さんの読書エッセイ集。
日々の生活や人とのふれあいのなかには常に本が存在していて、それはけして特別ではなく当たり前のことなのだけど、その当たり前を切り取って文章にしているような本。
シンプルに本が好きな人の側には確かに、ごく自然に本が存在している。そこに多くの出逢いや発見があり、年々大切な本が増えていく。

私はどちらかというと海外の作品よりは日本の作品を多く読むほうだけど、このエッセイでは海外の作品が多く紹介されていて、読んでみたいと思った本もいくつか。久々に付箋の出番でした。

本当は、一冊の本を理解するのにも、一トンの塩を舐めつくすくらいの時間が必要なのかもしれない。
日々たくさんの本にふれあいながら、一生をかけて理解したい唯一の本を持つというのも、いいのかも。

2014/12/22 22:33

投稿元:ブクログ

本を巡るエッセイである本書は、読むというより須賀敦子さんの語り口を聴いているかのようだ。「ひとりの人を理解するまでには、少なくとも、1トンの塩をいっしょに舐めなければだめなのよ」姑に何となく言われたその言葉は書物に対しても同様であり、塩だけでなく辛酸も舐めてきたからこそ発することのできる滑らかな理知と厳しくも優しい温かさが込めれている。それは古典の様だと思いながら、解説にもある通りこんな風に言われている気がしてくるのだ。あなたの声を見つけなさい。それは弱く、か細くとも構わないのだから。あなた自身の声を。

2014/09/10 07:20

投稿元:ブクログ

祝文庫化!

河出書房新社のPR(単行本)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309015422/
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309413198/

2014/10/04 02:24

投稿元:ブクログ

須賀敦子の読書に関するエッセイと書評を再編集した1冊。文庫版の全集を入手したので、一度読んではいるのだが、須賀敦子の文章は読んでいて気持ちがいいので、再読も気にならない……というか、逆に楽しい。
『塩一トンの読書』というタイトルは、著者が姑から聞いた表現が元になっている。ユニークな表現だが、イタリア語には本当に『塩一トンの~』という言い回しがあるのだろうか……。

2014/12/11 07:00

投稿元:ブクログ

塩を1トン舐めるように夫婦を共にするという言葉を姑から言われたそう。そこで、筆者は読書に置き換えたそう。

筆者は晩年新聞等のコラムに書評を書いていたそうだ。
いい読書のとっかっかりになると思う。
読書だって塩1トン舐めるようなもの。
いろいろな本を読んで、少しずつ消化したい。

2015/01/08 16:35

投稿元:ブクログ

イタリア人の夫とその故郷を愛し、数々のエッセイや翻訳を手がけた著者。海外文学も日本文学もひとしく読み込んで考察したこのエッセイ集は、良書を読むことのよろこびと奥深さを教えてくれる。
こんなふうに作者の人生に入り込み、その想いを斟酌しながら1冊の本を読めたら、それはとても豊かな経験だろうなぁ、と思う。
「読んでみたい」と思うには難しそうな本ばかりだけど、興味がわいたのは、
*ピカソやヘミングウェーなどが登場しながらレシピが書かれているというアリス・B・トクラスのクックブック
*若い人にも読んでほしいという、丸谷才一氏と中村真一郎氏の各「文章読本」
*翻訳者について系統的に書かれ、「翻訳はひとつの疲弊した文明を他の新しい文明へ繋いできた」という指摘が示唆に富んでいる、とする「翻訳史のプロムナード」
*震災から20年の今年、あらためて読みたいと思った「昨日のごとく――災厄の年の記録」

2014/10/14 12:24

投稿元:ブクログ

「一トンの塩」をいっしょに舐めるうちにかけがえのない友人となった書物たち。本を読むことは息をすることと同じという須賀は、また当代無比の書評家だった。好きな本と作家をめぐる極上の読書日記。

11 件中 1 件~ 11 件を表示