サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

お嬢さま三姉妹にぺろぺろされ続けるのをやめたい人生だった

お嬢さま三姉妹にぺろぺろされ続けるのをやめたい人生だった みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/29 14:28

投稿元:ブクログ

一言で言うならば、描写を楽しむための小説で、この本はそれをやり遂げ切った一例だと思います。
内容は、純粋な女性上位型イチャラブものに全体を通してエロ要素をふんだんにまぶしたら、もう追加説明不要となる程にその構成要素はものすごく単純化されている。それくらいストーリー進捗という要素がないからこそ、それぞれのシーン描写の重要性が浮き彫りにされる形式になっており、純粋にシチュエーションを楽しむためのジュブナイルポルノとして一種の完成系の一つと言えるんじゃないかと思うわけです。
あとは本当にこの描写に浸りたいっていう欲望を満たすためにもっとシーンを見たいから新作が読みたいって思わせられたからこそ、著者の力量が透けて力あるものと思いますね。
あとイラストを空気にあってて実にいいです。ぎうにう先生いいですよね。扇情的でシーンイメージを支えて見事な仕事だと思いました。

2016/03/21 11:45

投稿元:ブクログ

 エロの人ではなく小説の人である。滅茶苦茶文章がうまいのは、他のレビュワーもみな言っているが確かにその通り。情景描写が的確で想像できる。エロシーンも、シチュエーションは好みではないけれども、実に丁寧に書くので、高評価もうなづける。寝取られもの書いて!!! とか、この人にいろいろと「書いて!」とリクエストできる、いわゆる万能な雰囲気がある。ロミオとジュリエットのところなんか、作者の、これエロじゃなくて普通に文学っぽい物語としてやりたいな~という小説欲が見え隠れする。書き方的に、純文学畑から出てきた人ではないか。ラストシーンの椎ちゃんと姉さんの場面で、椎ちゃんのエロさと複数好きの性癖を出す場面、それから姉さんの今までドSっぽかったのが母親的優しさになってしかも枕を腰の下に入れる妙なリアリティという、最後の大団円の場面のやり方は非常にこだわりを感じる。
 ちなみにこの文章は賢者モードで書いている。

2 件中 1 件~ 2 件を表示