サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

今だからこそ

2016/10/26 20:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

しっかりと教訓も含めて子どもに読みきかせしたい絵本です。昔から親が子どもを心配してずっと伝えてきた童話なんだろうなぁ~と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こやぎ

2016/03/14 15:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

わたしも小さい頃に親に読んでもらったお話です。大人になってから読むと教訓のようなものが、たっぷり盛り込まれている素晴らしいお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/08 22:33

投稿元:ブクログ

何冊も絵本が出てるお話しに挑戦するのは凄く勇気がいるだろうなと思います。特にこのお話しは、福音館のあの本が大きすぎて。
この本は、福音館のバージョンをすこーしマイルドにして、絵を柿本さんの可愛い絵にした感じ。
でも、なんかその、すこーしマイルドにした部分というか、変えてある部分が妙に気になる。
子やぎたちがお母さんに「そんなに心配しなくてもがんばるよ」と言うところとか…。「がんばる」って変だよ、「大丈夫だよ」ならまだわかるけど、留守番を「がんばる」の?
そして最後の「おおかみはもういない」という言い方も。なんか妙に堅くて違和感がある。
やっぱり「おおかみしんだ!」の方が、子供らしい素直な表現じゃないかなあって思うのです。

でもまあ、そんなのは福音館版に親しんできた人間の言うことだから、最初からこれを読んだなら、そんな違和感はないのかも。

しかし、そうして最初の印象を作り上げてしまうからこそ、有名な昔話に挑むのはとても勇気がいるだろうなあって思うのです。

私はやっぱり福音館版のあの絵と言葉の方が好きかなあ。オオカミ怖そうだもの。
年よりの言うことかしら。

3 件中 1 件~ 3 件を表示