サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

乙嫁語り 2 (BEAM COMIX)(ビームコミックス)

乙嫁語り 2 (BEAM COMIX) みんなのレビュー

コミック 第7回マンガ大賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー122件

みんなの評価4.6

評価内訳

122 件中 1 件~ 15 件を表示

読んでいてドキドキしてきます。とても素敵な作品です。

2010/06/17 16:40

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第十話「布支度」に描かれている刺繍、その刺繍を彩る文様の数々、素敵でしたねぇ。思わず、ほうっと見とれてしまいました。布をまとったティレケが話の扉に描かれた見開き二頁がとりわけ見事で、うっとりしてしまった。

 カルルクとアミルのおしどり夫婦ぶりも、読んでいてドキドキしてしまう。カルルクを見つめて頬を染めるアミルの新妻ぶりの初々しいこと。第九話「嫁心」の中、無邪気に戯れるふたりの姿に、見ているこちらまで泣き笑いしたくなりましたよ。

 颯爽、ひゅっと駆け抜ける風の気配も素敵。例えば、第七話「争い(前編)」の中、45~46頁にかけて。馬を走らせるアラクラが、駆けてくるアミルの手を引いて、馬上に引き上げるシーンがあります。アミルのひるがえる衣装のすそ。跳んだ瞬間のアミルの靴裏。そして、「ブワッ」と風を起こし、くるりと回転するアミルを描いたひとコマ。本の中から風が吹いてくるみたい。こういうところは素晴らしい描写力だなあと、わくわくしちゃいますね。

 あと、本巻での新キャラ、アミルの友達になる娘、パリヤの人柄もいいですね。アミルと話してて、正直に言いにくいことを最初はウソついてごまかそうとするんだけれど、思い直して正直に打ち明けて、打ち明けてる最中、ちょっと興奮してワアッとぶちまけてしまうところ。136~137頁にかけてのワン・シーン。くすりとさせられました。パリヤにも、アミルにとってのカルルクのようないい伴侶ができて、春が訪れるとよいなあ、なんて。

 ユーラシア大陸、オリエントの風を感じる素敵な漫画ですね。登場人物がまとう魅力的な衣装、彼らの表情の生き生きとしていること、ちょっとした話のエピソードに味わいがあることなど、実に読みごたえのある作品。第3巻を手にするのが、今から待ち遠しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アミルさん

2015/09/28 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とそのご近所、な巻。
ストーリーのおもしろさもだがあちこちに出てくる装飾や布の刺繍図案、彫刻の繊細さにそれだけをジッと見てるだけでもすごすぎてびっくりする
アミルさんのご実家はちょっと不穏な空気があって不安
ふたりが不幸な目に会わないと良いけど・・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

迫力あります

2015/08/21 08:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

新キャラのパリヤさん登場です。争いのシーンに迫力があって、いっき読みしました。戦い方がリアルに描かれていておもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/09 12:18

投稿元:ブクログ

前巻の柱の彫刻に続き、今巻の刺繍の見事さ。絵がうまいからその素晴らしさが更に増す気がします。んで、西洋からの研究者と世界情勢がこの部族に今後どう影響を与えていくのかが物語の中心に…ならないんだろうなぁ。この作者の他の作品にも手を出す気になってしまった。

2010/06/28 22:27

投稿元:ブクログ

この作家、「エマ」から読み始めたが、要するに落書きである。
いやけなしているのではない。
シルクロードに生きる人々の服をその刺繍を丁寧に丁寧に描く。
それだけでもう満足させてくれる。
だから表紙を眺めているだけでも楽しいのだ。
物語をはじめから読まなくても、好きな所から好きな所まで読んでも楽しめるのだ。
3巻が待ち遠しい。

2010/08/06 09:33

投稿元:ブクログ

刺繍の回は、お話も絵も良くて何度も眺めちゃいます……この方の描き込みほんとスゲェ!!
あと“嫁心ついたね”。
たまらん。

2010/11/05 17:51

投稿元:ブクログ

相変わらず画が美しい。もう漫画ちゅうか画集だなこれ。嫁心の話エロいよなー。あと著者の描く女性の裸のラインはとても素晴らしいですね。

2011/07/22 23:39

投稿元:ブクログ

いきいきしたヒロイン、素直な年下の夫がかわいい~!
なんとも丁寧に手を掛けて描かれています。
民族衣装大好きなので、見るのも楽しい。

2010/06/14 05:37

投稿元:ブクログ

嫁20歳、婿12歳の8歳年の差の夫婦。楽しみにしていた2巻!始終ニヤニヤでした。アミル可愛い~カルルクかわかっこいい~。大好きです。

2010/06/22 22:16

投稿元:ブクログ

いやぁ、たまらん!
テンション上がるなぁ。
民族衣装とか堪らない!表紙のイラスト素敵すぎっ!

森さんは、台詞のないシーンの描写が素晴らしいんだよなぁ。
キャラクターも本当に魅力的。
カルルクかわいいし、勇敢だし、12歳とは思えないぐらいしっかりしてる。「アミルなかに!!早く!!」のシーン惚れちゃいそうです。
カルルクのもとに私も嫁ぎたいわ〜(笑)

アミルも素敵すぎ。言葉にしなくてもちゃんと分かってて、全てを包み込む愛と優しさに溢れてる。理想だなぁ。
こんな夫婦も理想だなぁ。


布支度、素敵過ぎ!!
クオリティ高過ぎ!
森さん最高!

2010/06/14 11:10

投稿元:ブクログ

台詞のない絵だけの演出が素敵な作品。エマでもあったな、そういえば。
アミルが超かわいいのは当然だけど、カルルクかっこかわいーーーーとにまにましちゃった。アミルとカルルクが仲良くしていると、こっちがでれでれしちゃうったら。

絵の美しさにプラス1個の☆にしてみた。

2010/06/15 22:26

投稿元:ブクログ

買ってから速攻読んだ。今回もすてきだったなぁ。
個人的に刺繍の話、前のめりになってじっくり見た。
ちょっといざこざが激しく表に出た巻でしたが、嫁っぽくなってくアミルたんに萌えて若干呼吸困難。アミルたんはみんなの嫁。

2010/07/02 14:21

投稿元:ブクログ

 気になるシリーズの2巻目。
 物語の展開に緊張感が出てきて眼が離せず、一気に読んでしまえる一冊。
 描画も細かく丁寧、キャラクタ達が生き生きと描かれている。
 今から3巻が待ち遠しいシリーズ。

2010/07/06 23:51

投稿元:ブクログ

パリヤ可愛いよパリヤ。
相変わらず書き込み量と雰囲気がヤバい。
ティレケの刺繍の話がたまらなく好きだな。
鷹のシーンは圧巻。
スミスがいなくなったら読者視線役がいなくなっちゃうと思ったら、
次巻はスミスの話なのね。さてどうなることやら。

2010/06/16 23:16

投稿元:ブクログ

1巻よりアミルとカルルクの親密さが増してて、読んでてにやにやしてしまいました。アミルさんよかちっこくても12歳でも、カルルクさんはアミルの素敵な旦那様!羨ましいぞアミル!そして、布支度の回にうっとりです。人物の何気ない表情や細部の描き込みが本当に素晴らしくて、つい見入ってしまいます。

122 件中 1 件~ 15 件を表示