サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/12/14 22:43

投稿元:ブクログ

京都といえば日本美術。でも、まずはどこに見に行く? 寺?神社? いえいえ、もっとコンパクトに俯瞰できるところがあります。

その場所は・・・?
はい、京都国立博物館です(タイトルに入っていますね(^^;))。

明治初期、欧化政策や廃仏毀釈により、多くの寺社に所蔵される文化財は、散逸の危機に見舞われました。京都も例外ではありませんでした。そんな中、京都国立博物館は、文化財保護を使命として設立されました。館の所蔵作品に加え、寺社や個人から預かる寄託作品にも国宝・重要文化財級の美術作品が数多くあります。そうした一級の展示品が入れ替わり立ち替わり常に見られるのが常設展示館である平成知新館です。
千年の都の粋を集めた、珠玉の作品群。本書ではその中から、著者選りすぐりの115点を紹介していきます。

著者・橋本麻里さんは美術ライター・編集者。雑誌への寄稿や技術教科書の編集・執筆に加え、『変り兜: 戦国のCOOL DESIGN』、『日本の国宝100』といった著作もあり、また最近ではNHKの日曜美術館にも出演されるなど、気鋭のライターさんと言えるかと思います。

構成としては、縄文時代に始まり、江戸時代までの日本美術の流れがどういったものであったかを6章に分けて解説し、京都国立博物館に収蔵されている作品の中ではどれがその時代を代表するものかを紹介していきます。

収録されている写真はカラーなのですが、版がさほど大きくないので、美術作品の細部はよくわからず、いささかもどかしい感じもあります。が、本書は旅先の名所を紹介するガイドブックのようなものだと思えばよいのかもしれません。とりあえずこうした作品が見られるはずだから、現地に行って作品を見よ、という趣旨だと捉えれば、この本の厚さ・サイズは旅行鞄に忍ばせるにもよさそうです。

章の間に差し挟まれるコラムもなかなか楽しく、美術館の裏側も少し覗けます。展示に留まらず、京都国立博物館の活動の1つとして、社寺調査があります。これは京都や近隣の社寺に学芸員全員(!)が出向き、所蔵品すべてを調査するというものです。週単位でじっくり腰を据えて行われる調査の中で、社寺側が特に重要とは思っていなかったものの中から意外な美術品が現れることも珍しくないとのこと。こうした地道な調査は、社寺との結びつきを強め、博物館の底力ともなっています。
また、鑑賞者の理解を深める「ミュージアム・カート」の試みも紹介されています。文化財のレプリカや材料見本に実際に触れて、製作過程がどのようであったのか体験し、また作品細部を子細に確認することもできます。次回、京都国立博物館を訪れる機会があったら、ぜひ見てきたいコーナーです。

個別の作品で気になったのは、「釈迦金棺出現図」、「山越阿弥陀図」、「阿弥陀二十五菩薩来迎図(早来迎)」、「玳玻鸞天目」、「遠浦帰帆図」(牧けい(*奚に谷))、「果蔬涅槃図」(伊藤若冲)、「龍門図」(円山応挙)あたりでしょうか。
こうした作品が運良く展示されていればうれしいことです。ですが、そうでなくても、例えば本書にも載っていないものの中で「お気に入り」を見つける、そしてその作品についてさらに深く知る、そんな楽しみ方も十分に可能な「厚み」を持つのが京都国立博物館なのだろうなと思えてきます。


<参考>
『芸術新潮 2014年 11月号 [雑誌]』

2016/09/11 11:56

投稿元:ブクログ

京都博物館のガイドブック。
京都にある日本美術を見られる美術館の紹介ではない。

京都博物館には特別展示の時に行っただけなので、ここで紹介されている常設展の方も今度は見に行きたいな。

2014/12/22 09:02

投稿元:ブクログ

オーソドックスな京博ガイド。見たいなあと思うものに印をつけておく。
「釈迦金棺出現図」「病草紙」「興福寺曼荼羅図」「公家列影図」「山越阿弥陀図」「阿弥陀二十五菩薩来迎図」「瓢鮎図」「四季花鳥図(狩野元信)」「洛中洛外図屏風(二条城)」「果蔬涅槃図」(←これは特に!)「鶴下三十六歌仙和歌巻」「寒山拾得図」などなど。

こうしてみると、我ながらヘンなものやハデなものが好きだなあとあらためて思う。お恥ずかしい。常設展示をこまめにチェックして、気長に通うことにしよう。

2014/10/29 22:17

投稿元:ブクログ

京都だからこその本ですね!

集英社クリエイティブのPR
http://www.shueisha-cr.co.jp/CGI/book/detail.cgi/0565/

4 件中 1 件~ 4 件を表示