サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

シャーロック・ホームズ神の息吹殺人事件(竹書房文庫)

シャーロック・ホームズ神の息吹殺人事件 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2014/10/12 19:00

投稿元:ブクログ

※超・ネタバレ注意(・_・)

シャーロック・ホームズ×オカルティズムものは、確実にクスリか手品みたいな超自然風トリックが絡んでくるよな~とある程度悟ってしまう俄かシャーロキアンです。そんなわけで、今回もその御多分に漏れず、な真相指摘でした('_')うーん

ただ、「ワトソン君が超常現象に直面している時に居合わせた主要人物の中で、【誰】と【誰】が犯人なのか?」はホームズが指摘するまで分からずじまい…。単独犯は絶対有りえないってことは分かってたんだけどなあ。五芒星を作ったメンバーの内、「ワトソン以外は全員犯人だろ」くらいに軽く考えてたら、無難に怪しい人物がめちゃくちゃ潔白だった(笑)。
ホームズが最初から真っ向勝負してれば、もっと早い段階で真相は分かったはずだし、ワトソン君も部屋の暗がりに怯えなくて済んだんでは~とか言っちゃうのは無粋です。首尾よく犯行や罠が実行に移され、最後の最後で探偵がもったいぶって登場して「犯人は君だ!」と懲らしめる。うーん、これぞ様式美(笑)。
いつにも増してホームズの行動とか犯人たちのご都合主義な犯行計画の粗が目に付いた気がしますが、ホームズ物のパスティーシュとしては十分に楽しめる作品です\(^o^)/


人知を超えた存在に殺害されたとしか思われない、奇妙な死体が発見された。心霊医師を名乗るサイレンス博士の依頼を受けたホームズは、「容疑者集団と思しき一派に、ホームズ自身も狙われている」と告げられ、不承不承調査に乗り出す。ところが、同行した親愛なる助手・ワトソンが、次々と現代科学では説明不可能な現象に襲われ、ホームズも「ワトソンが事実起こったと見なしている」ことを認めざるを得なくなる。果たして、叡智の探偵・シャーロック・ホームズは、彼の信念に違わぬ結論を指摘する事が出来るのか?

2015/11/09 21:54

投稿元:ブクログ

…ナンダコレハ。

シャーロック・ホームズのパスティーシュ。その他の作家の探偵…ではなくて、ゴーストハンター?も登場する。
…なんというか。
なんというか。
なんとも言えん。

ちょっとなんというか、私の期待していた本ではない。
面白くないわけではないのだが、うむむ。

2015/01/25 22:05

投稿元:ブクログ

面白いは面白いけど、ホームズの存在感がものすごく薄い…(;´_ゝ`)
同じホームズ×オカルトなら『我輩はシャーロックホームズである』のほうが面白いと思う。

2015/09/22 18:54

投稿元:ブクログ

これって、シャーロック・ホームズである必要があったのかな?全然推理がされていないんだけど?単なる、オカルト物語・・・orz

2014/11/30 00:27

投稿元:ブクログ

結局不可解な死体の謎は解けていないような・・・?そうなんだろうな、ということが、なんとなく初めからわかった話だった。

2015/01/25 18:03

投稿元:ブクログ

ある青年貴族が変死した事から始まる超自然的な事件に巻き込まれてしまうホームズとワトスン。オカルティックな事件の数々に、ホームズいわく「地についた推理」が成り立つのか?
うーーん、ホームズ原作好きな人には勧められない。ただ、ワトソンはそれっぽく描かれていた。面白くないわけではありませんが、ホームズと冠されてしまうと、微妙な作品。許せるか許せないかがわかれそうです。解けてない謎も残ったままだし、ホームズなのにええんかいな。

2016/03/08 14:23

投稿元:ブクログ

うーん。
なんか違う。
それっぽくは感じるけど、なんか違うもの凄く違う。
文体がどうのとか、作者が後書きで言ってたけど、確かにワトスン博士はあーゆーのにはまりそうな感じはするけど……
ホームズが……なんというか……違うキャラに見える(特定のキャラが入ります)

クロウリーって聞いた瞬間に笑いがこみ上げるんですが、それはどうしたら良いのでしょうかw
現代のアイレスター・クロウリーは、魔術師じゃなくてペテン師の代名詞の様な気がするんだけど。

まあ、この時代は確かにそう言う存在だったんだろうけどね。
あと、突然出てくる「主人公ぽい」キャラカーナッキが、何の説明もないままなのが気になる。
これは彼の登場作品を読めと言う事ですね。

で……あの……
大きく広げた風呂敷はそのままですか?
冒頭で死んだ人は……確か「袋だたきにあって死んだ」んですよね?
妙な薬とか暗示とか、そう言うので人が撲殺されたようになるって……
それってなんて魔術?

その謎は未解明?

2014/12/16 11:03

投稿元:ブクログ

冒険譚としてはなかなか面白かったと思うが、探偵物としては今一つ。
少し種明かしが薄っぺらい様にも思う。
作者のホームズ愛は伝わってくるので、その点は読んでて気持ちがいい。

8 件中 1 件~ 8 件を表示