サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/11/15 15:37

投稿元:ブクログ

香港でいま起きていることを理解するためには、台湾のひまわり運動について知らなくてはならない、と書店でこの本を見かけた瞬間に気がついた。手のひらサイズの薄い本の隙間からイメージがあふれ出てくるような造本も魅力的だ。
本は2部に分かれていて、後半の運動の記録は、運動を構成していたさまざまな要素を、スナップショットとごく短いコメントで紹介したもの。これに、ひまわり運動をなぜ世界の革命の流れの中に位置づけて見るのかについて、短い論考が添えられている。禁欲的と言っていいくらいに文章量も少なく、小さくて薄い本なのに、最近読んだ中でもっとも豊かで刺激的な本のひとつだ。
ひまわり運動に連なる世界の革命の流れをたどるのに、港千尋がまず注目するのは、権力の奪取でもステートメントでもなく、美術と文学が果たす役割である。そこから、議論は、都市の空間に出現する群衆へと移っていく。
「群衆は人間の内にすでに棲みついているものであり、すぐれて触覚的な現象であり、幻影であると同時に現実である。
 群衆は、これを実態ではなく過程としてとらえたほうがよい。…群衆はある時点に存在するが、別の時点には消えている。…そこには必ず人間が群衆となる過程がある。この過程こそが群衆の本質である。だから群衆には全体がない。通常わたしたちは、群衆を人間の塊として、全体としてイメージするが、それは輪郭を持たない全体なのである。この全体の不在こそが群衆を群衆にするのである」。
この群衆、聞きとられるべき意味をもつ言葉が発される議場ではなく、その外の街路に出現する群衆が、議場において発される言葉の機能不全を見抜き、誰の言葉が聞きとられるべきかを決定する暴力に抗して、言葉が発され、聞きとられる空間=議場をみずから創りあげるとき、そこに革命が生じるのである。
このような種類の「革命」こそ、ウォール街で、タハリール広場で、台湾で、香港で、連鎖的に幻視されたものだったのだ。
ひまわり運動が始ったきっかけは、紛糾する議場で与党議員が持ち込んだマイクで一方的に審議終了を宣言したことだったという。学生たちの運動は、超法規的方法で立法空間からその機能を奪ったプロセスを、そっくりそのまま逆転させたものではなかったかと、港さんは指摘している。この部分を読んで思いだすのは、特定秘密保護法の審議の時に出現した、同じような光景である。
いま香港で起きていることを、台湾のひまわり運動、エジプトやチュニジアにおける事件、オキュパイ運動との関係において読むという行為は、東アジアそして世界各地の運動の連鎖から孤立しているかのような日本の姿を、逆に際立たせる。
この本はほんとに禁欲的で、日本で「革命」を作るためのヒントをひきだそうなどとはしないのだけど、仮にここで革命をつくろうとするならば、たぶんもっとも必要なのは、想像してみることなのだ。そのための最良の美学的ガイドである。

2015/03/24 22:35

投稿元:ブクログ

 「太陽花」運動から1年後の台湾に向かう飛行機内で卒読。あれからもう1年なのか、まだ1年なのか。時間の感覚がつかみがたい。
 運動個々の問題性について、本書の記述を判断する能力はわたしにはない。しかし、1980年代のブラジル以降の運動文化の蓄積をふまえ、写真という瞬間を固定化するメディアを駆使しながら、一連の出来事の具体的な局面ー細部の論脈を読み解こうとする姿勢には共感できる。リーダー/運動体中心の記述ではなく、細部の民主主義に眼を凝らすこと。表象/イメージを読み抜き感知する身体を鍛えること。

2016/02/05 00:15

投稿元:ブクログ

 ある場所を占拠するには、その場所は空虚でなくてはならない。占拠とは、空虚を発見することから始まる。この運動は、立法の場が空虚であることを発見し、その空虚に創造の力が潜在していることを証明した。言い換えれば「黒箱」のなかにある「闇」を闇のまま放置するのではなく、箱のなかにある空虚を発見し、これをエネルギーに変えたのである。(p.91)

 立法の空間が占拠され、そのすぐ外の空間もまた占拠されたとき、まず起こるのは認識上の変化である。いつも車で通る道に人が溢れて通れない。昨日までの道が道でなくなり、何か別の場所に変わってしまっている。そこではじめて、道が何によって道になっていたかに気づかされる。道を道にしているのは法であり、その法が生まれるのが壁の向こうにある空間だということだ。そうした認識上の変化があちらこちらで起こっている。(p.152)

 福島の原発事故は、日本人がエネルギーという日常的には目に見えない、巨大な対象を具体的に考えるきっかけになった。すべての事故は、モノに潜在している日頃は目に見えない関係性の絡まりを顕わにする。具体的なモノを使い、政治を具体的に考える状況を作りだすのである。太陽花運動もその意味では、議会という具体的なモノをひとつの対象として、貿易協定という、目には見えないが巨大な関係性の絡まりを、一気に可視化したと言えるだろう。(pp.168-169)

2015/01/08 18:10

投稿元:ブクログ

著者は台湾ひまわり学生運動を都市論や哲学、芸術論といった多岐に渡る切り口から考察している。この書は港千尋が学生視点から運動の成り行きを俯瞰して見つめ、学生がとった所々の行動がいかにして、全体的なムーブメントへと発展したかを述べている。そのため行動を具体的に細かく分析している点が印象的である。

4 件中 1 件~ 4 件を表示