サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

「進撃の巨人」と解剖学 その筋肉はいかに描かれたか(ブルー・バックス)

「進撃の巨人」と解剖学 その筋肉はいかに描かれたか みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

2016/03/31 22:13

投稿元:ブクログ

タイトルに惹かれて読んでみた。

『進撃の巨人』に出てくる巨人たちを美術解剖学の視点から見る。

正直なところ、『進撃の巨人』が絡むのは初めと最後だけ。それ以外はひたすら筋肉と骨格の説明になるが、その中で巨人たちが図示される。これが僧帽筋です、みたいな。こういう展開は少し新鮮に思ったが、さらっと読むだけでは美術解剖学の知識はとても頭に入らなかった。

ただ、マンガの描写はこういうことも考えて描かれているんだということを知ることができたのは収穫。実際の人体の構造に忠実だったり、表現のために敢えて実際とは違う書き方をしたり。そういった分析もされている。次に『進撃の巨人』のマンガを読むときは、違った読み方ができそうだ。

2014/12/12 18:54

投稿元:ブクログ

 ちくま文庫の美術解剖学の本に続き、本書を読む。前書と違い、連載マンガを題材にし、軽い(軽すぎ?)タッチで人体の仕組みを概括。特に筋肉と骨について説明する。類書を読んでたせいかさすがに、言葉とか概念は理解できてたようだが、マンガを題材というのが新鮮で、少しその理解が進んだ。他の書と大きく違う軽いノリには少々驚くも・・・・。

2015/02/07 16:18

投稿元:ブクログ

確かに、皮膚の無い(かのように表現された)巨人は、美術解剖学のとっかかりとしてはとても良い素材なんだろう
でも結局何を言いたかったのか、イマイチ消化不良。理解不足すみません。

自分も柔術整復師さんに掛かることがあり、その時彼が言っていた『ここに小さな筋肉があって』等の説明が腑に落ちたし、この先美術展に行って人物像、人物画を見るときはもう見方が変わってるんだろうな、と思うのがきっと収穫。

2015/10/31 17:55

投稿元:ブクログ

『進撃の巨人』も読んだことがないので、幾分つらい部分もあったけれど...この人の講義はきっと面白いんだろうな、と思わされた。
『巨人』を読んでいる人には、もっと興味深いだろう。
まあ、今回辛うじて覚えたのが、起始と停止という言葉だったのかもしれない(苦笑)
個人的には解剖用の献体をどうフォルマリンで処置するのかが、記述が生々しくて印象的だった。

細かな筋肉や骨の名称や、働きはとてもじゃないが頭に入らない。
ちなみに、スポーツでのトレーニングのような、実用的な目的で読む人には適さないと思う。

2016/06/15 15:59

投稿元:ブクログ

養老先生の解剖学教室で学ばれた方。
養老先生や布施先生には、人に筋肉や骨が見えるんだと思う。
わたしなんかとは見える世界の深さが異なるのだろうなと思った。
しらないこと、わからないこと、みえないことばかりの世界であることよ。

Mahalo

2015/11/04 17:42

投稿元:ブクログ

「巨人」の異様かつ圧倒的迫力の造形が、多くの読者を惹きつけてやまないコミック話題作『進撃の巨人』 社会現象にもなっている作品の魅力の根源とは?いまだ謎につつまれたままの「巨人」の正体とは?この二つの大きな「問い」に、「美術解剖学」が鋭くメスを入れる。

*図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50104154&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

2014/12/16 23:23

投稿元:ブクログ

『進撃の巨人』に登場する巨人から学ぶ筋肉と骨格の本です。美術解剖学というとなんだか怖くて手が出にくい分野だったのですが、本書では『進撃の巨人』からのカットとモノクロの人体イラストがある程度でした。あのシーンではこんな風に筋肉が描かれている!といった感じです。
著者の巨人の謎に対する大変興味深い考察(しかもなんか当たっていそうな)が入るのでその点ご注意を。

2015/12/03 20:01

投稿元:ブクログ

易しい解剖学の本。進撃の巨人要素はあまりないかもしれない。固有名詞を間違えている部分は流してあげましょう。

2015/12/25 13:09

投稿元:ブクログ

「超大型巨人」の顔を覆っている白いひもは筋肉なのか骨なのか……。コミック話題作『進撃の巨人』に、「美術解剖学」が鋭くメスを入れる。

9 件中 1 件~ 9 件を表示