サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

京都は名所以外に隠れた愉しみが溢れている

2015/12/30 11:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:素敵な楽園 - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都で生れ育った著者が一見目立たない寺社にも歴史とロマンがあることを教えてくれる素晴らしい本です。 有名な寺社は人で混み合っていて疲れてしまいますが、一歩裏の道や静かな道を辿ると有名ではないけれど、その由来と歴史や近くの美味しい地元の人が通う店を紹介してくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

京都マイナースポットだけで巡る7つの散策コース

2014/10/31 20:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

マイナーなスポット(見かけは地味だが、凄い沿革がある寺社等)や地元の方が通う食事処等、定番の旅行ガイド本では取り上げられない場所が、7つの散策コースを辿る形で紹介されています。本書は京都の中心部編(洛北・洛中・洛西・洛東・洛南)で、周辺部の続編も刊行される予定のようです(267ページ)。
 著名な観光スポットは一巡し、京都を深掘りしたいと考えている方には、格好の散策コースとなっています。逆に、清水寺や金閣・銀閣といったメジャー処は避けていますので、京都初心者は退屈するでしょう。注意してください。
 私は以前大阪に住んでいた頃、何度も京都を訪れ、小さな寺社も巡りましたが、まだまだ未知のスポットがたくさんあることが分かりました。京都は、実に奥が深いです。本書を参考に、隠れスポットを訪ね歩きたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/25 17:36

投稿元:ブクログ

<目次>
第1章  洛北から西陣へ歩く
第2章  洛中を歩く
第3章  洛東から洛南へ縦横歩き

<内容>
著者の柏井さんは京都の歯医者であり、食通でもある。京都の主だった場所のガイド(”いわゆる”ものではなく、京都人らしい紹介で)を書いてしまったので、かなりマイナーな(したがってどんな人が読むのだろうか?って感じの)京都紹介を著した。
まあ、通的な寺社の歴史的な謂れはわかった(もう少し詳しくてもいいかも…)。グルメも京都の市井のお店の紹介で(なんせ"餃子も王将"まで登場)、わざわざ京都行って、そこいくかな?という感じはする。でも、文からは京都愛が溢れているので、まあいいかな?

2015/08/04 21:08

投稿元:ブクログ

京都の名店と呼ばれるお店ではなく、地元のひとが贔屓にするお店。世界遺産ではないけれど由緒はある神社仏閣。京都の町並みと言うと平家物語の世界を思い浮かべてしまうけど、秀吉によりデザインされた京都と言うのは初めて知りました。方広寺は行ってみたい。餃子の王将がリストにあり、京都にしかないミニ餃子が気になりました。のんびりと京都を訪れて、本にあるような色々なお店や神社を回ってみるのも楽しそう。お金はかかりますが。

4 件中 1 件~ 4 件を表示