サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

月光の母神(徳間文庫)

月光の母神 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/11/13 06:04

投稿元:ブクログ

ラバーズ解散後、伊吹司は防衛省の通常任務に戻っていた。しかし、アメリカの要人を警護中、その要人を何者かに殺されてしまう。「殺し屋はプロだ。これは何か国家的な陰謀があるのでは」と訝しむ司。事件後、ラバーズに召集される司だったが、そこには一癖も二癖もある人物たちが集まっていて……。日本を飛び越えアメリカの陰謀までもが絡む圧倒的なスケールで描かれるシリーズ第二作 というのがあらすじ。
ためらっていたが、結局二作目も読んだ。単なるアクションではなく、その背景に戦後史の闇が横たわっていること、レギュラーがどんどん交代していくのが、このシリーズの特徴か。ここまで来たら、最終作も気になる。

1 件中 1 件~ 1 件を表示