サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

クーベルチュール 2 (BE LOVE)(BE LOVE KC(ビーラブKC))

クーベルチュール 2 (BE LOVE) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (15件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
23 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

読む時期って大事

2015/10/09 21:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1歳になる子供がいる時期に読んだので最終話で号泣してしまいました。
チョコレートの話だけど、甘いだけじゃないのでとっても好きです。
3巻ものんびり楽しみに待ってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な二人

2015/10/03 10:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品の主人公の二人がそれぞれに素敵な人で、二人の関係性がとてもいい雰囲気で描かれていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

チョコを通しての人間模様

2016/05/04 15:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

甘い、苦い、酸味、温かさ、冷たさ。チョコレートも人も同じだけの感覚が備わっているなぁと思わされたお話でした。イケメン兄弟が各話でとてもいい味で、関わっていて感動する話もあり、すごく良かったです。いつかいつか、一郎、二郎の今に至るまでの話も読みたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/16 10:31

投稿元:ブクログ

忘れた頃に二巻、嬉しいな。歯医者さんのお話が好きだった。あとパトちゃんのお話も。
最初はわくわくしてきゅんとしてただけだったんだけど、何回か読み返すうちになぜだか心が震えて、久々に声を上げて泣いてしまった。

2014/11/24 14:49

投稿元:ブクログ

シリーズ1作めの内容を忘れてしまったので、一郎さん、二郎さんのキャラクターも忘れてしまい、今ひとつ話に入り込めませんでした。

2014/10/15 09:37

投稿元:ブクログ

美形ショコラティエ兄弟が生みだす、
甘い恋とチョコレートのお話。

「ちはやふる」の末次由紀のもう一つの代表作

美形兄弟が営むチョコレート専門店「クーベルチュール」。
その魔法のチョコを食べると、100パーセント恋が叶うと言われていて……?
放課後の教室で手にした恋。異国の地でめぐり合った恋。
通院先の歯医者さんからもらった恋ーー。
忘れられない出会いを描いた4つの幸せのお話。

ライム味
17歳の冬野美麗は、地元で愛されているお寺の娘。でも、クリスマスイブを前に、なぜかちょっと気が重くて…?

レモン味
イタリアから来日して10年の英語講師•パトリックには、一目惚れした漫画家の恋人がいるけれど…?

イチゴ味
スイーツライターの甘利苺が通うのは、虫歯のもととされる甘い物を嫌悪している歯医者さんで…⁉︎

ぶどう味
小さな会社の校正業務の責任者として働く紺野美果。2歳になる娘がいるが、仕事と育児に追われる毎日で…?

2015/04/05 23:29

投稿元:ブクログ

最後の話がグッときた。最近こういう話に弱くなったなあ。
1巻に引き続き、こういうショコラティエ近くに欲しい(*・ω・)

2014/11/19 21:52

投稿元:ブクログ

どろどろのショコラティエとは真逆な、お客がメインのショコラティエのお話、第2巻。
最後の話以外は気持ちよかった。

2015/02/03 17:15

投稿元:ブクログ

いやぁ、こんなことは起こらないでしょ・・・と、ツッコミながらもいつしか涙がうるうる。
この作者のマジックですね。
基本、みんないい人なんですよね。
歯医者さんとスイーツライターとかお寺の娘美麗ちゃんと同級生の男の子の話とかいいなぁ・・・。
今回、イケメンショコラティエの出番が少なかった気もしますが・・・、それはいいのか?

2016/02/15 19:10

投稿元:ブクログ

世の中いろんな人がいて、いろんなことがあるから、だからこそ生まれる恋の数々が素敵でキラキラしてるんだろうなあって思った。わたしもチョコレートみたいな甘い恋がしてみたい!!笑

2016/05/16 19:28

投稿元:ブクログ

あくまで、私見に過ぎないけれど、『ちはやふる』のファンを名乗るのであれば、こちらの『クーベルチュール』もしっかり押さえておくべきだ、と思う
発売から大分、経過しているのに、今更、お勧めするのかい、と他の漫画読みの人にツッコまれちゃいそうだが、ここぞってタイミングを窺っていたら、随分と遅くなってしまった。もし、『ちはやふる』が実写化しなかったら、もっと先延ばしになっていただろう
『ちはやふる』は、友情も恋心もライバル関係も混ぜ込んで、とことん青春を描くのに特化しているが、この『クーベルチュール』は同じ作者によるものか、と思うくらい、恋の甘さ、苦さ、甘酸っぱさ、ほろ苦さが描かれている。また、時に男女の機微だけでなく、人間の感情も鮮やかに描かれており、そのギャップも読み手のハートを鋭くブチ抜いてくる
作者が同じとは思えない、と先述こそしたが、それはあくまで青春の描き方であって、人間が本来、持っている情熱は、コチラでも鮮烈だ
自分の本当の気持ちに気付いた大人の男が、女性を全力疾走で追いかける姿を、滑稽さなど感じさせず、むしろ応援したくなるよう描ける、女性漫画家は末次先生を含めても、20人いるかいないか、だろう。羽海野チカ先生と東村アキコ先生は確実に描ける!
チョコレートってテーマ一つを、こうも深く描き、なおかつ、そこに人間ドラマを絡ませてくる末次先生は今や、立派にBE LOVEを引っ張っていく一人になったと言えるだろう
どのエピソードも、大事な人とチョコレートを愉しみたくなるモノばかりだが、個人的に推しなのは、国際派カップルのドタバタ模様をコミカル、時にシリアスに描いた、“レモン味”だ。大人になった、っていうのは落ち着きを持つ事であるのは間違いないだろうけど、挑戦をしない、ってのは違うよな。大人になったからこそ、子供の時と違って、一気に成長できないからこそ、自分から知らない世界に飛び込んだり、隣にいてくれる大切な人が手を握って導いてくれる先に一緒に行く事が大事なのかも。確かに、失敗は何歳になっても怖い。転んだ時の痛みを知っているなら尚更だ。でも、一度も転ばない人生じゃ面白くないのでは、と転び過ぎなのに懲りてない私は思う
この台詞を引用に選んだのは、理屈じゃなく、多分、先生本人も特に意識してないからこそ、最も、末次イズムを読み手の心へ響かせたから。漫画家にしろ、小説家にしろ、この手の台詞を最高のシチュエーションで、キャラに言わせられてこそ一流の仲間入りなんだろうなァ

2014/11/21 23:37

投稿元:ブクログ

長く待っていた2巻。
森田さん、一郎、二郎両人もいい味出してます。
どのお話もチョコレートのようにビターだけれど、スウィートな後味でよかったです。2巻目だけれど、お話の形が定番化されて安定してるのかな。クーベルチュールのチョコレート、私も食べてみたい。

2014/11/15 10:37

投稿元:ブクログ

かなり久々の第2巻。
1巻のことを考えると、森田のおばちゃんの店への馴染みっぷりが嬉しくて嬉しくて(笑)
今回のどのエピソードも、ほんわか良い話でした。
恋愛要素ももちろんありますが、家族や家、故郷といったホームの描き方がどのエピソードも秀逸。ほっこり幸せな読後感でした。
これからも、シリーズ続いていってほしいな〜

2016/01/29 09:13

投稿元:ブクログ

1~2巻一気読み。もっと読みたいわー。手元に置いて何回も読みたい感じ。チョコレート専門店で繰り広げられる恋愛模様。でも泣ける。それぞれ4つの短編。イケメンの一郎、二郎がほんと素敵。特に一郎!好きだわー。ほんと一郎じゃないけど、恋っていいな、と言いたくなる。チョコはあんま好きじゃないけど、食べてみたいなー。最後の4コマも面白くて好き。ほんと末次由紀はすごい。

2014/12/18 18:32

投稿元:ブクログ

もう出ないのかなと思ってた二巻。
しかもお話も素敵!!
チョコも相変わらずおいしそう!!

もうね、最後のお話に全部もってかれました。
子供いるから余計なんだろうな。
二人のお母さんの両方の気持ちがわかる分、途中「うわー!?」ってなった。
胸がずきずきしたよ。

「今がかわいいって呪いのように言うけどずーっとかわいい」
そうなのか!
そうだろうな!
そう思っていくことにするよ!

23 件中 1 件~ 15 件を表示