サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ももいろ人魚 1 (デザート)

ももいろ人魚 1 (デザート) みんなのレビュー

  • 曙 はる
  • 税込価格:4634pt
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2014/11/13
  • 発送可能日:24時間

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/10/16 20:03

投稿元:ブクログ

漫画好きの女友達に薦められ、読んでみた
とっても面白かったからこそ、今、感想を書いている訳だが、とりあえず、後で聞いてみよう、何で、私に読ませようとしたのか、を
恋愛漫画としては、ストーリーが割と王道だ
ヒロインが人魚ってトコも面白い。童話の中でも有名な『人魚姫』を軸にしているようだ
『人魚姫』と言ったら、悲恋オチ作品の代表格と言っても過言じゃないが、この『ももいろ人魚』に限っちゃ、バッドエンドどころか、ハッピーエンドしか待っていなさそうのが、既に一巻からしていて、ある意味、安心して読める
種族の差が「好き」ってキモチを阻む壁になってしまっているが、それにもめげないルンは恋する女の子の鑑と言えるだろう
だが、この『ももいろ人魚』の面白さはそこじゃない
他の男女の恋愛をメインにした少女漫画と一味違うな、と感じさせた点、それはヒロインのルンが、タイトルからも読み取れる通り、色ボケ人魚ってトコだ。常に意中の相手、リクに発情しまくっていて、積極的すぎるアプローチを仕掛けるのだが、いざって時に、人魚に戻ってしまって、一線を越えられないトコが実に面白い
性に対して積極的な女の子が好きな男は、確実にグッと来るタイプの作品だ
エロギャグよりの正統派ラブコメかな、大雑把にジャンル分けすると
こんな男心をくすぐる、ピュアなストーリーを質を落とさずに描き続ける曙先生も凄いが、この先生を最高の殺し文句で口説き落とした、担当Y本さんがめっちゃ凄いwww
ルンが淫語を連発したり、見事なスタイルを人魚ゆえの常識知らずから曝したり、とドキドキするシーンは連発だからこそ、たまに魅せてしまう、初心な女の子の顔にクラッとやられてしまうんだわ
また、ルンの求愛行動にギリギリのトコで耐えつつも、既に彼女のラブビームにKO寸前なリクの男の一面にも真実味があって、ストーリーを弛ませていない点も高評価
ルンに人魚の少女ゆえの、かなり重い将来が待っているトコも巧い
この二人が体を重ねる事で、種族を超えた愛を証明できるか、楽しみだ
個人的にお勧めの話は、男も女の子も一度は憧れる、自然なハプニングキスのシーンが強烈な、第7話「エロ人魚の中身」である。次点が、リクがルンに対する独占欲を無自覚に発揮しちゃう、第8話「サークルにて」だ
この台詞を引用に選んだのは、こんな事を好きな女の子に言われたら、男冥利に尽きるだろうなぁ、としみじみ思えたので

1 件中 1 件~ 1 件を表示