サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

はるかにてらせ

はるかにてらせ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

「生きづらい」人の手元に一冊。

2015/05/10 20:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:橋本至 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作『はるかにてらせ』のサワちゃん、『恩人』の蓉子、『身代わり不動尊』の山城つばき、『京浜東北線の夜』の「おれ」、『コンビナート』のナカちゃん、『券売機の恩返し』の「私」・・・家庭・学校等で大切なものを奪われ、生きることにつまずいている一人ひとりが、ある出会いを契機に新たな方向へ歩み出そうとする。そして「家族」「結婚」「学校」「労働」「真の友人」「社会性」といった、世の中では当然のように重要視されているものについて「本当にそうなのか?」と読み手に問いかけてくる。
情景が映画のワンシーンのように浮かび上がる、或いは心模様が皮膚感覚で迫ってくるような描写と、どこかひょうひょうとしたユーモアが織り込まれた、柔らかな文体が印象的。
今まさに「生きづらさ」の只中に身を置いている人の手元に届けたい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示