サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

昭和の結婚

昭和の結婚 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/02/01 22:33

投稿元:ブクログ

昭和の結婚風俗を豊富な写真や雑誌記事とともに紹介したもの。いわく、顔合わせもなかった家どうしの結婚から、お見合い結婚を経て恋愛結婚へという流れ。この本によると、昭和初期に見合い結婚が始まった頃には、見合いすら結婚前に互いの顔を知り、数回おつき合いをして決められるという点で画期的だったとか。
とはいえ、昭和初期の女性向けの雑誌などで再三載っていた「結婚の心得」的なものを見ると、良妻賢母を期待され、まあたいへんそうなこと。「結婚は墓場だ」と男たちは嘆いてみせるけど、女性たちは、それをおおっぴらに言えもしないほど不自由だったのだろう。最近は男性の生涯未婚率が急上昇していて、もちろん女性も上昇ぎみなのだが、それ以前は女性のほうが未婚率が高く、一定の割合を保っていた。つまり女性のなかには、女性であることで課せられる結婚の面倒や不利を忌避し、結婚しない人生を選ぶ人がいたのではないだろうか。
その他、結婚式や引き出物、新婚旅行といった風俗の移り変わりが面白い。結婚をきらびやかなこととしてのみとらえず、開拓の花嫁や戦争花嫁、朝鮮半島からの在日者の結婚についても取り上げていて、こうした面にも取り上げているのはすばらしい。

2016/08/04 18:33

投稿元:ブクログ

しようがしまいが興味深い結婚。今より家父長制の厳しかった昭和の結婚に興味があり読んだ。戦前京都のお嬢様のお嫁入り道具とすさまじい数の着物に圧倒された。す、すげえ。夫にひたすら尽くしいつも笑顔で小姑にもやさしく姑には肩を揉んであげる…そんな「花嫁の心得」とか無理ゲーである。母に見せたところ「悪いけど2時間でリタイア」と言っていた。農村と在日朝鮮人の結婚など硬派なコラムも載っている。読むだけで昭和の結婚を追体験した気分になり何だか疲れてしまう一冊だった。見合い結婚が大半だったのだなあ。

2015/06/10 17:17

投稿元:ブクログ

帯文:”自分で決めることができない結婚!?恋愛結婚は認められない!?” ”結婚とは「家」と「家」のものだった時代、女性にも男性にも自由はなかった。昭和の結婚の諸相を描く、画期的な1冊。”

目次:はじめに、巻頭口絵、第1章 旧民法下の結婚、第2章 結婚式と新婚旅行、第3章 農村と在日朝鮮人の結婚、第4章 戦争花嫁、第5章 嫁入道具、あとがき、参考文献

2014/12/08 16:37

投稿元:ブクログ

自分で決めることのできない結婚!? 相手の顔を知らぬまま嫁ぐ花嫁。気に入らない! と理由も明確にされぬまま離縁される妻。昭和の結婚の諸相を描く、画期的な1冊。貴重図版多数。

4 件中 1 件~ 4 件を表示