サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/08/20 22:12

投稿元:ブクログ

マルリカという楽器の名手の貴族エイセルの弟子のシェリー。
憧れていた相手から求婚されたのに、その答えを先延ばしにしちゃいます。

エイセルは実は王の子だったということで、小さい頃厭われて養子に出されていたのに王の都合で呼び戻され、王子に戻るのを断るつもりで王宮に行ったら、記憶喪失になってシェリーのことをきれいさっぱり忘れ、王子に戻るのを嫌がっていたことも忘れちゃいます。

シェリー以外はエイセルの記憶が戻らない方をのぞみ、エイセルもツライ過去を思い出したくないというし、シェリーは八方ふさがりになっちゃいます。最初はどうにか記憶を取り戻そうとしてるのですが、結局はエイセルの将来のために身をひきます。このあたり、シェリーがかわいそうになります。

その後はエイセルがシェリーを見つけ出し、記憶が戻り、あとがきにもあるように最後のエイセルの台詞はいいものです。

ただ、結局記憶を取り戻しても王子のままでいますし、当て馬だったレダが一転、二人を祝福し出したのがちょっと気になりました。あんなに嫌な思い出だったのを思い出したはずですし、レダも嘘をついてまでエイセルが欲しかったのなら、ちょっとあっさりしすぎでは?って思いました。

あと、イラストがあんまり好きじゃない坂本あきらさんでした。
表紙はまだいいのですが、中のイラストがイマイチ。
まあ、他の本当に×なときよりはマシでしたけどね。

1 件中 1 件~ 1 件を表示