サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

食べているのは生きものだ

食べているのは生きものだ みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/04/21 23:59

投稿元:ブクログ

子どもの本専門店で衝動買い。これを子どもに買い与える親は少ないかもしれないけれど、いい絵本だと思います。人として、肉を食べている以上、やっぱりこういうことを知っておきたいね。

2015/02/16 19:13

投稿元:ブクログ

自分が生きていくために、ほかの生きものを殺す。動物はいちばんわかりやすく感情的にもなりやすいが、「生きている」をつきつめていけば「塩以外はみんな生きもの」ということを心に留めて、著者のなにをたべるときも大切にいただきたいものだという思いに共感した。
血が滴るような生々しい写真は極力避けられているが、世界各地の肉のある景色には説得力がある。獣を屠って肉にするものから様々な理由で肉食をタブーとするものまで両極端への適度な目配りがあるのがいいと思う。

2015/10/15 09:22

投稿元:ブクログ

[江戸川区図書館]

この本は今月のテーマエリアに置かれていた本で、恐らく食物連鎖を意識してチョイスされた本。
きっと見た目からして読みたがらないだろうなと思ってどう見せるべきか借りる際から頭を使っていただけに、一番上においてあったとはいえ自分から開いて見始めたので「しめしめ」と放っておいたら、一人で読んでたね。お風呂に入る前になぜか読みだして、結局5冊を読んだのかな。

そしてどこまで字を読んだかはともかく、昔に比べて多少説明がしっかりしてきたし、理解が進んで読んでいることだけは確か。少しだけ成長を感じられたよ。

2015/06/21 09:53

投稿元:ブクログ

現代の日本は分業化されて、衣食住はもちろん自分の周りの全てのものが、どの様に作られ加工され運ばれて自分元に届いたのか、分からない。一方、発展途上国では、ダイレクトに自分が食べているものが、生きていたものだったと実感できる生活が今でも営なまれている。世界中で食べられているものを豊富な写真を用いて視覚的に教えてくれる。驚きと伴に自分の食べ物に想像を膨らませることが出来るであろう。同時に、自分と違う人を知り認めることが出来る大人へと成長を願い、子どもたちに読んで欲しい。

4 件中 1 件~ 4 件を表示