サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

フランクフルト学派と反ユダヤ主義

フランクフルト学派と反ユダヤ主義 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/11/23 17:10

投稿元:ブクログ

自由主義的秩序が全体主義的秩序へと変化し、貨幣を媒体とした市場の匿名性が崩壊するにつりえて、経済的有用性を失ったユダヤ人は、死すべきものとして定められるようになった。

現実の反ユダヤ主義理論も反ユダヤ主義tの恒常的底流の存在を考慮すれば、意識的理論だけを見ても反ユダヤ主義の起源を解明するための材料を提供するものとは限らない。

哲学が他の諸科学から区別されるのは、それが最高の学問であり、下位に位置づけっられるほかの諸学の明大を最も普遍的に形に体系化され、まとめあへるもだからではない。哲学はむしろ、理念を構築する。

ユダヤ人は支配者からみれば、その財力を目当てに客体として恩恵を与えられ、保護される存在にすぎなかった。
アウシュビッツとはユダヤ人に対するショアーであり、反ユダヤ主義の存在なくして、アウシュビッツは存在しえないし、有史以来続いてきた反ユダヤ主義の極限ともいえるものこそがアウシュビッツ。

1 件中 1 件~ 1 件を表示