サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

道づれの旅の記憶 吉村昭・津村節子伝

道づれの旅の記憶 吉村昭・津村節子伝 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/05/08 08:36

投稿元:ブクログ

夫婦作家の二人の学生時代文芸部の出会いから、それぞれの頂点まで、主だった小説の粗筋を辿る。二人の死生観が共通し、「死んだ人は物に過ぎない」とのこと。吉村の小説を読んでいて感じたところ。津村の少女小説の全ての紹介も興味深い。戦後の民主主義の中で自由と自立を求めて模索した若い女性たちの姿。それが約15年の吉村の不遇時代に二人の生活を支える収入の元だった!それから純文学に進出していく。津村の作品も与謝野鉄幹・晶子と山川登美子の三角関係を描いた作品「白百合の崖」などはぜひ読んでみたい。吉村が戦争小説を書くに至る経緯は「戦艦武蔵」を通して日本の戦争の戦略的な誤りを主張することから始まったのだ。吉村、津村が史実をどのように調べ、選択したのかを追うのが面白い。「長英逃亡」は長英自身の子孫、そして遠縁の鶴見俊輔も追っており、それが吉村の作品に反映していたのだ。歴史性を追求する執念の作品が彼の真骨頂だと思う。

1 件中 1 件~ 1 件を表示