サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

老いの味わい(中公新書)

老いの味わい みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

しんしんと染み渡る

2015/03/05 21:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃむー - この投稿者のレビュー一覧を見る

年をとるのもそれなりに発見があって悪くないんじゃないか
~のような内容かと思い手に取ったものの

読み進むにつれて静かに、そして確実に老いが心身に
染み渡ってきて身動きできない……
著者が誠実で真面目なお人柄だからこそ
伝播される老化の着実な歩みとリアリズム

老いと格闘しながら
ふがいない自分に怒りを覚え、鬱屈しつつも
いつしかそんな自分を許容し、周りにも自身にも優しくなれる
慈愛の境地に辿り着けるのか。

高齢化の時代を迎えて
「体力が衰えても、精神はより自由になる」は
希望だけれど本当だろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/12 18:56

投稿元:ブクログ

初出は読売新聞夕刊の月一回の連載「時のかくれん坊」.第一弾は「老いのかたち」こちらは未読.本書は第二弾.

私自身も私の両親もどんどん年を取っていく.あたり前だが,そのあたり前のことがもたらす変化というのが,悲しい思いをともなう物が多いので,これから先,老いるというのはどういうことかを予習しようと,この本を読む.

黒井千次はこの本の中では78歳から82歳.日々の生活から,「老い」をすくい上げ,その老いといかに付き合うかを淡々と綴っている.老いの描写は,なかなかリアル.物忘れのレベルを段階ごとに分析していくところなどは言葉が適切で,私ももう少しするとこうなっていくんだなぁ,ということが感じられる.

あーやっぱり歳はとりたくないなぁ.

2 件中 1 件~ 2 件を表示