サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/01/15 07:12

投稿元:ブクログ

台湾で大ヒットした映画のコミカライズ。
舞台は戦前、題材は甲子園、主人公は台湾代表。

弱小と蔑まれていた台湾のとある学校が、
一人のコーチをきっかけに台湾の代表となり、甲子園に出場するまで。

史実をベースとして、八田與一さんも織り込みながら、
台湾に“野球”という文化が定着するきっかけとしても。

なお、軸となる学校“嘉農(嘉義農林学校)”は、
漢人(台湾人)、蕃人(高砂族)、日本人(内地人)という、

3つの民族が混在していたとの点が、興味深く。
そして、その中で日本人による差別の風景も描かれています。

ですが、そんな風潮に乗ることなく、ただ、その能力と、
強い想いだけでチームを組み立てたのもまた、日本人でした。

 “球(たま)は霊(たま)なり”

決して“あきらめない”、その気持ちを叩き込んだのは、
近藤兵太郎という、一人の日本人。

1920年に、世界で初めて人種差別撤廃を訴えたのは日本ですが、
それが決してあまねくオーサライズされていたわけではないと。

同時期にカナダで差別を受けていた日本人の野球チーム、
それを題材にした『バンクーバ朝日』と併せるのも面白く。

ちなみにこちらの映画も日本で公開されるようで、
永瀬さんや坂井さんが出演されているようです。

2015/01/14 10:05

投稿元:ブクログ

1931年日本統治時代の台湾から甲子園に出場、決勝まで勝ち進んだ野球部があった。台湾映画最大級の製作費をかけた超大作『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』感動のノベライズ!

2 件中 1 件~ 2 件を表示