サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

不動産系書籍の中で一番わかりやすい本

2015/08/13 03:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M.S - この投稿者のレビュー一覧を見る

いい本が出ていました。

住宅の購入で迷っていて、自分ではどのようにしたらよいのかがどうしてもわからず、いい本がないかと探していましたら、この本と巡り会うことができました。
今まで悩んでいたことが払拭され、自分たちの進むべき道がはっきりと見えてきました。

今まで、地価が安い地方と東京では、同じ買い方でよいのだろうか?とずっと疑問に思っていましたので、この本の「東京で」という言葉にとても意味があり、本当にそうだと思いました。

今まで「東京」の家の買い方を詳しく書いてある本はなくて、全国に向けて書いてある本ばかりで、内容がどこか総花的になってしまっていて、いつも「うーん?」と思っていました。

全体的にいいのですが、資産価値だけではなく、安全性のことが詳しく載っていることも、とてもためになって、早速活用させていただいています。

この本に巡り会えて本当によかったと思っています。
本当にこのような本が世にあり、ありがたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/08 10:10

投稿元:ブクログ

今、埼玉在住ですが東京勤務です、学生時代は東京都区内になる祖母の家に一人で、神戸で9年間過ごす前には、東京都区内に家族で住んでいたので、私と東京との関わりはそれほど薄くないような気もします。

「東京で家を買う」予定は特にないのですが、人生が変わる戦略的「家」購入バイブル、という本のコピーに本屋さんの店頭で魅せられて読んでみることにしました。

現在住んでいる埼玉にあるマンション、色々考えて購入しましたが、家に入ってくるチラシを見る限り、購入額の半分近くになっています。場所や階数によっては、大台を割っている物件もあるとのこと。

東京の家は高くて対象外だと思っていた私ですが、帯コピーにあった「東京には東京の買い方がある!」というフレーズにも興味をそそられました。

読後感として、東京であれどこで買う場合も、資産価値の落ちにくいマンション・家の持つ条件を知った上で、全てを満たすと高額になるので、自分のライフスタイル・考え方に合わせて、譲れない条件を守りながら選択するのがポイントだと感じました。

東京で家を買おう!という気持ちにはなりませんでしたが、資産価値の落ちにくい不動産のポイントを理解できたことは、この本を読んだ収穫でした。

以下は気になったポイントです。

・資産価値は、その家を10年後等に売るとしたら、その価格が常に住宅ローンの残債より上回っているか、また、貸すとしたら高く貸せるのか、賃料が必要経費(住宅ローン返済額、管理費、修繕積立金、固定資産税など)の合計より上回っていることが判断基準となる(p19)

・将来をきちんと考えて、支払えるのであれば、少しだけ価格が高かったとしても購入後価値が落ちにくいだろう「いい物件」を購入しようとする視点がとても大切(p39)

・東京は4つのエリアがある、1)東京東部の低地エリア、郊外エリア:買うのも借りるのも安い、2)東京北部の山手線駅、沿岸エリア:賃料高いが買うのは安い、3)ブランド形成がされているエリアで、物件高いが借りると安い、4)どちらも高いが、資産価値が安定している(p43)

・木造住宅は築20-25年で、評価ゼロとされる。法定耐用年数が22年とされているので。専用住宅の平均寿命は65年という報告もある。従って22年経過後に、土地の価値以上にローンが残っている場合は、耐久消費財となる(p53、54、56)
・鉄骨鉄筋コンクリート、鉄筋コンクリートマンションの耐用年数は47年とされているが、それを過ぎたマンションは多数存在する(p61)

・不動産の価値には3種類あり、1)自分自身が住む価値、2)よい条件で人に貸せる価値、3)よい条件で人に売れる価値、である(p88)

・賃料は価格と比べると、経済変動の影響を受けにくいという傾向があるので、賃料が高いエリアは、やはり手堅い(p90)

・価格が下がりにくいマンションの条件は、1)人気沿線・人気駅、2)徒歩5分以内、3)高台に建つ、4)有名校がある街、5)良い庭園がある、6)南東、南西など、南が入っている日当たり良好、7)東南・南西の角部屋やずっと日差しが入るので、8)最上階、9)眺望が良い、10)総合病院が近くにある、11)大手デベロッパーが売り主のブランドマンション、12)スーパーが2店舗以上ある、13)図書館、公的スポーツ施設がある(p132まで)

・物件がある、駅を買う、街を買う、地域を買う、という考え方が重要、後から変えられる(内装、設備)に飛びつかない(p133)

・一人や二人の世帯には、冷暖房効率や光熱費などを考慮すると、60平方が適切という考え方もある(p139)

・新耐震の基準、1981年6月というのがポイント、新・新耐震は2000年6月から(p149)

・東京都「過去の水害記録~浸水実績図」は、確認しておくべき、標高を調べるには、国土地理院の「土地条件図」(p158)

・グーグルアースの「ラムゼイ歴史地図」で、古地図が見れるようになった(p163)

・昭和16年の地図は、第二次世界大戦前の地図なので、現在の状態に変わる前に何であったのか状況がわかる(p164)

・市町村役場で、ボーリングデータを確認して、N値50以上=良好な地盤の目安、を確認する(p165)

・マンション総取得費とは、マンションの物件価格(頭金+住宅ローン借入額)+諸費用であり、自己資金=諸費用+頭金である(p193)

・よい物件を見つけるコツとしては、1)よいパートナー(不動産コンサルタントなど)を見つける、2)焦らないこと、でも良い物件に出会ったときの準備をしておく、3)購入をする条件をまとめておく、4)購入成功のためのファイルを作っておく、5)頻繁に物件を見て、相場より低い価格で出ている価値ある物件を狙う、6)現場に足を運んで見る、7)マンション比較時は、坪単価で比較、8)上下左右の間取りを確認する(p236まで)

・注目エリアとして、品川、中野、二子多摩川(p264まで)

・家購入を目的にするのではなく、その家を購入することによって訪れる幸せな未来を目標にすべき(p269)

2015年11月8日作成

2 件中 1 件~ 2 件を表示