サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

寄付文化ってホントにいいものか?って思わせる。

2015/10/31 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝に道を聞かば夕に死すとも。かなり。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日、駅前を歩いていたら「東日本大震災の募金をお願いします!」って感じで近くの中学の人たち、50人くらいが募金活動をしていました。

 「〇〇小学校にお金を」みたいなプラカード持ってました。私が小学校の頃は赤い羽根募金を子どもだからよくわからずとにかく「お願いします!」って感じで道行く大人に声をかけていました。ライシュさんは富裕層の寄付を彼らの主体性に委ねていいのか?と問います。

 「富裕層が事前寄付控除を受けている寄付金の大部分は、貧困層のために役立っていない。寄付金はオペラ、美術館、交響楽団、劇場など、富裕層が余暇の大半を過ごす豪華な文化施設や、彼らがかつて学び、自分の子どもたちを通わせようとしている大学へと向かっている(そうした大学で卒業生の親族や子息に対する入学優遇措置が取られる場合が多いことが、さらなる誘因となっているだろう)。」

「彼らがしていることは、多くの人がイメージする「慈善寄付」とは異なる。その多くは、富裕層がすでに満喫し、自分の子どもたちにも与えたいと思っているライフスタイルへの投資だ。また、名声に対する投資でもある。」

「たとえば救世軍などへの寄付が慈善寄付控除に値する理由はよくわかる。だが、グッゲンハイム美術館やハーバード大学への寄付が同じ扱いを受けるのはなぜだろうか。」

 ということで、ライシュさんは「超富裕層が納税した方が社会全体に富を還元できるんじゃね?」とします。

 もし私が遠い東北の「〇〇小学校」への寄付ってのを考えた時に、具体的な問題として金的なソリューションが速やかに「必要」と判断するためには、じゃ、その周囲の小学校とのバランスは?他にもっと困っているトコはないの?とか考えちゃいます。

 それに、自分の卒業した小学校と比較した時に、どうしても自分の出自の小学校の方が愛着があります。お金持ちの人が豪華な文化施設に寄付するってのは、その文化施設での感動があったからそこに寄付したいという動機のドライブがかかっていると思うんです。

 寄付って、難しいですね。あ、本の内容は逆進主義者の社会ダーウィニズム批判本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/13 18:24

投稿元:ブクログ

分かり易いくまとまっている。ただ、物量のみのPR活動で共和党議員が当選する、というのはやはり言い過ぎかと。

2015/05/08 22:22

投稿元:ブクログ

いまやアメリカ政府は一握りの超富裕層のために機能しており、本来は万人のために機能するはずの経済活動や民主主義が失われつつあると警鐘を鳴らす。アメリカ人の0.5%にあたる超富裕層が国富の28%を有する一方、所得の中央値は30年で下落している。経済を回して国を支えるためには大多数の国民がモノを購入できるだけの経済力を持つ必要があるのに、進取主義者を標榜する一部の人間は社会ダーウィン主義を語って規制による公共の利益を否定している。否認や逃避、冷笑を乗り越えて、「すこしでもやってみよう」と積極的に市民権を行使する行動を起こそうと説く。
中間層が没落すると国が亡びるというのを聞いたことがあるけど、いまアメリカは岐路に立っているのかもしれないと思った。現在の覇権国家であるアメリカは強すぎて鼻につくこともあるけど、自らの失敗を認めて逆方向に舵を取ることも一番うまく行える国でもあると期待したい。

2016/10/15 05:11

投稿元:ブクログ

船橋図書館
NHK世界のドキュメンタリー でライシュ氏の番組を見て。
テレビ番組は強烈、分かりやすい。
アメリカでの格差原因は、金融にフロンティアを求めた結果の歪みだとして、さて日本は?

2015/06/13 13:53

投稿元:ブクログ

庶民も豊かな生活を享受し将来にも自国にも信頼を寄せていた「古き良きアメリカ」は、「逆進主義的右派」にとっては全然理想じゃなかったんだ! 彼らの理想の社会は、富が特権階級に集中してきた大恐慌以前のアメリカだったとは。
その特権階級に属している人々がそう思うのはまあリクツが通っているが、数的には共和党支持者でも大多数は特権階級じゃないわけで、それなのに、ホントは自分が損しちゃうそういう言説に踊らされるというのが解せないのであった。
日本も非常に似たような現象が起きているが(ただし保守政権でも必ずしも小さい政府指向ではなく、社会福祉はカットしても公共事業は拡大させようという指向が強いとか、いろいろ違いもある)、多くの保守政権支持者でも、例えば国民皆保険制度を脅かすような制度改変については否定的だったりなど、必ずしも騙されちゃってるわけじゃないところがより一層ややこしいような。
それにしても、米の「逆進的」共和党員とかは生物学的なダーウィニズムを信じていない割合が高そうなのに、社会ダーウィン主義は信奉しちゃっているようであるというのが、皮肉というかおぞましいというか。
民主党ブレーンが2012年大統領選挙に向けて書いたものなので、書きぶりはちょっと抵抗を感じさせる。

2015/12/21 13:39

投稿元:ブクログ

この30年間、経済成長による利益のほぼ全てがトップ層に渡り、政治的権力、従って助成措置や税の優遇を手にした。税収は減り、政府予算は圧縮されて公共が荒廃し、中間層は購買力を失い、貧困層との競争に駆り立てられている。

国民から富を吸い上げる巨大な仕組み。異を唱えるべき根拠は、人類が持つ公正感覚、数の力、社会の不健全化で成長が失われること。

2015/02/03 11:54

投稿元:ブクログ

この本はお勧めです。二極化がますます広がっていますが、その本質を理解するためにも是非皆さんにも読んでほしいと思います。

2016/09/24 03:08

投稿元:ブクログ

『どの時代にも、この国がよって立つ進歩的な理想の火が逆進勢力に対抗して再燃し、その結果が根本的な改革につながったのである。

今再び、このような動きが起きようとしている。しかし、それは自然の成り行きで実現するものではない。

いつの時代においても、理想から逸脱した経済と民主主義のあり方に道徳的な怒りを感じ、その怒りを乗り越えて真の改革のために尽力した膨大な数の人々の関与と献身があったからこそ、この国は前進することができたのだ。

今、あなたの怒りと献身が、もう一度求められているのである。』

著者の思いが「申し入れ書」と「企業の忠誠についての誓い」に込められていて、良い。アメリカの病が良く分かる。

8 件中 1 件~ 8 件を表示