サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

惑愛 乙女は蜜夜に濡れる(蜜猫文庫)

惑愛 乙女は蜜夜に濡れる みんなのレビュー

  • 御堂 志生 (著), 緒笠原 くえん (イラスト)
  • 税込価格:6916pt
  • 出版社:竹書房
  • 取扱開始日:2014/12/19
  • 発送可能日:1~3日

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

悪いお兄様の話。

2015/08/02 00:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台はヴェネツィア風。
純真な乙女ジュリエッタが、自分の中の淫らな欲望に気づいてしまい、聖職者であり、敬愛するお兄様(ミケーレ)に懺悔…するのはよいのですが、そこからもう、ミケーレのやりたい放題です。

ミケーレは、かなり悪い奴で、聖人ぶった仮面の下で、血の繋がらない妹ジュリエッタに、それはもう、ああでもないこうでもないと、欲望をたぎらせているもんですから、大変なことになってしまいます。

エロは、濃厚目、言葉攻め傾向濃厚ですが、ジュリエッタが純情なタイプで、設定を上手に操作しているので、恥じらう姿が初々しく、そんなにうんざりせずに、そこそこ楽しめます。
何より愛がありますので。

悪いお兄様が好きな方は、お口に合うと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/02 20:36

投稿元:ブクログ

修道女を志すジュリエッタと、聖職者の義兄・ミケーレ。
この組み合わせだけで、背徳感がありますね。
聖職者、の割りには、ミケーレは全く自制が効いてないし(笑)

全体的に重い雰囲気。読んでいて疲れてしまうところもありました。

2 件中 1 件~ 2 件を表示