サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

異色のスパイ小説

2015/08/20 22:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、スウェーデン人が主役で物語が進行する。
冷戦の傷跡、負の遺産、忘れ形見、言い方はなんでも良い。
冷戦を見事に泳ぎ切ったスパイが、その後の世界で自分の娘に何が出来るか。
彼は、娘に正体を明かさず、手ひどく罵られ、そして影のように消えてゆく。

舞台も冷戦期のレバノン、EU統合後のベルギー、ブリュッセル。そして、フランス、花の都パリ。
EU成立により、欧州州は移動しやすくなった。
それを実感すると共に、主人公を追跡する「英語圏の諜報機関」が新たな問題にぶち当たるのは、ある種の喜劇を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示