サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

やはり平穏にはいかないか

2016/10/15 19:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

実の母親が現れ、心かき乱れる真魚。
今の家族か、母親か究極の選択。
これだけは基に頼らず自分で決断したい真魚が不憫で......
そして返事を決めた真魚の身辺では
いろいろ問題や誤解が解決し始めいよいよ最終巻へ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

幸せになってほしい

2015/03/21 23:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くれーぷ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまで散々家族との関係に悩んできた真魚がせっかくお父さんの家に落ち着いたのに、ここで実母の登場というので歯がゆい気持ちでした。あんなに孤独で不安だった彼女が、お母さんの孤独を思いやり、支え受け入れてくれた人に感謝する姿がいじらしく思えました。今回はヒロとのからみは少なかったけれど、真魚が小説を書いているのも伝わったので、次の展開が楽しみです。次はおそらく最終巻、家族との縁が薄かった中村家の人々と真魚、どちらにも幸せになってほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ネタバレ

2016/04/01 15:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愛波 - この投稿者のレビュー一覧を見る

温かい家庭を望む基と複雑な家庭環境で育った真魚。
二人に様々な出来事がありましたが愛を育みお互い
助け合いなくてはならない存在になりました。
真魚に関しては切ないシーンもあって何度かグッと
くることもありましたが、二人で温かい家庭を築けたので
良かったです。
この作品は独特の感性ではありましたが、何故だか
心にストンと入ってくる感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/13 13:48

投稿元:ブクログ

真魚もラジカルさんも、真魚のお母さんも、それぞれがきちんと考えて向き合って、少しずつ進んでる。
みんなが前向きで読むだけで頑張ろうって思えます。
タアモ先生は本当に頑張る女の子を描くのが上手だと思う。

2014/12/19 15:42

投稿元:ブクログ

よかった。また泣いてしまいました。
ひとつ前がお母さん登場で終っていたのでどうなることかと思ってました。

2015/03/02 04:35

投稿元:ブクログ

突然会いに来た、真魚の実母。
勝手な女性だなぁとは思うけど…情が断てない真魚の気持ちもよく分かる。(u_u`)
私もちーちゃんと同じく、真魚がどちらの道を選択しても納得できたと思う。

今巻はみんないい動きをしてて良かったなぁ~。
小説の話~とは言ったけど、多分本当は真魚自身の事だって気付いてて相談にのってくれたお義母さんとか。
また友達になってくれて、基に本当のことを話すって約束してくれたラジカルさんとか。
あと、地味にアシストしてくれた大樹も。笑
真魚が大事にしたいものは、こういう人たちとの繋がりなんだなと思って、なんか温かくなったよ*

…というわけで、ラジカルさんの真相告白により、ようやく空海の正体に気付いた(!?)基。
なるほど、これは真魚から基への長い長いラブレターだったのかぁ~。(*´艸`*)
もはや形骸化した設定なのか!?と度々不安になってた小説が、こんなところで活きてくるとは!!笑

次が最終巻、なのかな?
今回ラストで聞きそびれた基の言葉の続きが聞けるといいな☆

巻末の番外編は、陽菜ちゃんと仙台の家族の話。
6巻収録の番外編(大樹と神戸の家族の話)と比較して読むと面白いかも。(^_^)v

2015/06/26 10:36

投稿元:ブクログ

今回も泣いた…。
真魚の出した結論は、実のお母さんも根っからの悪人じゃなかっただけに、非常に苦しんだと思います。
あと色々語りたい場面がいくつもあって、思い出すたび、また泣きそうになります。

2015/02/21 22:18

投稿元:ブクログ

実母登場のターン。

新しいお母さんとのシーンがとてもいい。
番外編の心愛(陽菜と暮らしてた子)もいい。

2014/12/19 06:03

投稿元:ブクログ

クライマックスもまじかなようで。
みんな、幸せに向かって進み始めてます。
基と真魚も、もうすっかり恋人同士の雰囲気を醸し出してるよね。
もう夫婦のよう。
最後にみんな笑顔になれるのがいい。
ラジカルさんのおかげで、空海のこと基も気づいたようだし、みんな幸せになれ!

2014/12/25 00:49

投稿元:ブクログ

やっと、自分の家に帰ることができた真魚。
そこに、現れる実母。新しいお母さんとの関係もうまくいき始めていた矢先に新たな問題でハラハラです。
しかも、一緒に暮らそうだなんて。そら、都合がいいに決まってるし、お父さんも母親が出て行ったと思い、当初は真魚も疑っていた。でも、一人になる悲しみを真魚は知ってるからこそ悩む。
出した、結論は真魚らしく、そして大人な考えでした。なにかを選ぶってことは誰かが悲しむことだなぁと思いました。

一方、恋愛は安定期に入って入ってるよね笑
それと、小説の書き手の話もいよいよ…
みんな、良い子であることが、この漫画のいいところ。
綺麗すぎるくらい純情で純愛。誰も嫌われ役がいなくて黒いところがない。だからこそ、癒される漫画です、
完結が近そうで残念。でも、うまくまとまりそう、

2015/01/18 18:24

投稿元:ブクログ

何かを得ることは、同時に他の誰かの何かを奪っていることに繋がっているのかもしれない。でもそんなの考えていたらキリがないから、やはり私は真魚と同じ様にその時自分が大切だと思うものの為に、選択を繰り返すのだろうな。正義の反対は、もう一つの正義だ。

2015/03/10 07:47

投稿元:ブクログ

実のお母さんとのくだりはこの漫画でも随一の重要シーンであり涙がポロリなシーンでした。
カバー絵も切ない。

12 件中 1 件~ 12 件を表示