サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/03/22 11:25

投稿元:ブクログ

犬のベスが消えてしまった。ティルが悲しい気持ちでベスをさがしていると、きみょうなおじいさんがあらわれて、いっしょにさがしてくれるの言うのです。いつもベスとさんぽをする原っぱで、おじいさんはなんとにわとりに聞き込みをはじめました!不思議なおじいさんは、魔法を使ってベスをみつけてくれるのでしょうか?

登場人物がみんな(動物たちも!)個性的で一癖も二癖もあります。ピアスらしい、日常の隣にある魔法の不思議が堪能できる物語です。ヘレン・クレイグの温かくて少し謎めいた絵がぴったりの美しい本に仕上がっています。

2015/06/18 23:51

投稿元:ブクログ

ピアス最後の作品。いい本。犬を探す少年と不思議なおじいさんとおばあさん達の冒険?でもないかな。

原題が"A Finder's Magic"というそうで、この”みつけ屋”っていう存在がケルトかなんかの神様だと思うんだけど、ネットで検索してもアメリカのドラマばっかりひっかかる…。

昔読んだホラー短編”Finders Keepers”(エイキン)にも出てきてて、創作かと思ってたけど違うってのがこの本を読んでわかった。気になるー。でも英語の文献を読むのも億劫ー。

追記:エイキンのタイトルはFinders keepers, losers weepersってことわざの一部だそうです。ピアスのFinderとは関係ないのかな…

2015/01/30 08:37

投稿元:ブクログ

ティルが大好きな犬のベスがいなっくなってがっくりしていると、不思議な見つけ屋のおじいさんと出会い、森に探しに行きます。そこで、おじいさんは動物たちの話を聞き、ベスのとった行動を探ります。

ピアスが自分の孫のために書いた作品。イラストは孫たちのもう一方のおばあさんが描いています。なんと幸せな孫たちよ!

2016/01/20 13:37

投稿元:ブクログ

愛犬を探す男の子の前に「見つけ屋」を名乗るおじいさんが現れ、原っぱのおばあさん方や小動物に情報をもらいながら見つけていく話。

情報をつなぎ合わせて謎解きをしていく過程はおもしろいが、最後の展開がお粗末。

物語の進み方も緩やかで使われている言葉もやわらかい。
主人公の少年が何歳かの記載はないが、かなり頼りなげな印象がある。
平易な本なので、高学年と言うよりは中学年に向いているのではないか。

2015/08/02 17:13

投稿元:ブクログ

犬のベスが急にいなくなったのです。
男の子のティルはかなしい気持ちと夢を見るようになり、その夢をのぞきみたおじさんとのふしぎな出会いをしました。

おじさんとティルはベスを探すために、
いろいろと手をつくすのです。
このおじさんは、魔法のような感じを持っていて、動物たちや野原の中に住んでいれガマーさんの考えていることがわかっています。

ベスと、出会える為に
おじいさんは、ある事をする為に決心します。

5 件中 1 件~ 5 件を表示