サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

魔女の宅急便 2 キキと新しい魔法(角川文庫)

魔女の宅急便 2 キキと新しい魔法 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー54件

みんなの評価4.1

評価内訳

54 件中 1 件~ 15 件を表示

2015/03/24 19:42

投稿元:ブクログ

1よりさらによかった。表紙もかわいいし。
おしゃれの自分を運ぶがいちばんよかった。キキがすねるとかわいくて好き。

2014/11/06 12:29

投稿元:ブクログ

二巻。図書館で。
キキも色々な人との触れ合いで成長したり自信を無くしたり。
14歳なのに偉いなあ。でも家に帰ると甘えたがりの子供に戻っちゃうのも可愛いですね。
それにしてもキキの箒は壊れやすいな。
竹ぼうきじゃなくて枝箒だからか?しかも一か所しか止めてないからか。
竹ぼうきも三段締めの方がお高いですがしっかりしてますしね。

2014/10/23 21:38

投稿元:ブクログ

題名になってるキキの薬の話が良い。退屈な話も多かったけど。

漢字の大切さが分かる本。この宅急便、配送物の破損が多過ぎんよ!ヘ( ´Д`)ノ

2013/06/13 12:24

投稿元:ブクログ

悩んだり、見つけたり、始めたり。
おっさんな俺が読んでも、考えさせられる作品だ。
作者は「ちいさなおばけアッチコッチソッチ」の人。
……最近まで知りませんでしたっ!

2013/05/25 22:02

投稿元:ブクログ

はじめて読んだのは10代。
どういうときに読んだのかなんて覚えていないし、いくつの時かも覚えていない。覚えているのは、親に買ってもらったこと、それから絵が1巻とは違ったこと、そしてゆたんぽの話。

なのに、読んでいると思い出す思い出す。
そういえば、私は『ゆりのアイスクリーム』にとても興味があって(そら食いしん坊ですから)どんなものか想像を膨らませてはにやにやしていたのを思い出した。大人になった今でもつい想像してにやついてしまった。きっと、とても素敵で美味しいと思う。いいなぁ。
そんな童心に帰る一方で、子供の時には胸に響かなかったものが重くのしかかったりもした。靴を捨てちゃった女の子に靴を届ける話や、お散歩を届ける話。特にお散歩の話は、昔読んだ時にも理解はしていたはずなのに、とても胸に響いた。『死』という言葉を使っていないんだな、と、今更気付く。あれはキキに帽子を届けるのでもお爺さんに散歩の話を届ける(未遂)のでもなく、お爺さんの友達のウミちゃんに優しさを届ける仕事だったんだろうなぁ。と、言葉にするととても陳腐なのがくやしい。

キキも町に来て2年目。友達も増えて、町に受け入れられて、悩んだりうかれたりしながら毎日を頑張って過ごしている。
でも、私、3巻目があんまり好きじゃなかったんだよなぁ、と今更ながら思い出してちょっと二ヶ月後が憂鬱。じゃあ読むなよって感じがしないでもないが、読まないのはもったいない!結局とても楽しみ。

それにしても、文庫で揃えたら、単行本どうしよう。手放すのももったいない気がするなぁ…

2014/01/22 00:44

投稿元:ブクログ

2冊目。内容は1巻の続きといった感じで、そのままきています。
ほのぼのしている日常の中に、少しずつ、少しずつキキの成長があって、母親のような気持ちで読みました。
個人的に、とんぼさんよりイクくんの方が好みです。

2013/06/05 08:29

投稿元:ブクログ

キキが人として、魔女として少しずつ成長していくのがわかります。

1冊目より少し分厚くなってますが、読みやすかったです。

読むとますますジブリとは違うなって感じますが、別の作品だと思うと気になりません。

続きが早く読みたいです。

2013/11/13 18:20

投稿元:ブクログ

くしゃみの薬づくりを習うために帰省したキキが、
「今わたしはコキリの町から一時的に帰ってきている。
お客様なのだ」
と認識しているところがすごい。
15歳でそれがわかるんだ。

2013/08/11 10:34

投稿元:ブクログ

1巻に続いてキキの成長が描かれていました。
角野さんの文章は読んでいると不思議なくらい
優しい気持ちになれるので、
本当に今更かもしれませんがお気に入りの
お話になりました。
今回も表紙の絵がかわいい!

2013/08/16 16:35

投稿元:ブクログ

自分が魔女であることや仕事内容にあれこれ悩むキキさん。“運び屋キキ”にならないように。ところで、ジブリ映画のようにキキが飛べなくなったりジジが喋られなくなる回は来ないのかな…。

2013/07/29 22:07

投稿元:ブクログ

魔女の宅急便2巻。ようやく読み終わった。毎日すこしのページずつ読んだ。一気に読むには内容がきれいすぎて無理だった。心の浄化タイムに使った。

2013/06/01 22:04

投稿元:ブクログ

少しずつキキが、人として、魔女として成長していくのが分かる、本当に素敵な本です。子供の頃に読んだら、大人になるって素敵なこと、と思えるような本です。大人が読めば、今からでも遅くないかな、と思えることでしょう。

2015/08/15 19:49

投稿元:ブクログ

今回も色々なものを運ぶキキとジジ。少し大人になったのか考えることも増え、自分の存在価値のようなものまで考えだし、悩みますが、町の人たちと会話し、一緒に歩み、また元気を取り戻します。向上心も芽生えてますます町に必要な存在になるキキを応援したくなる一冊です。

2013/06/28 21:32

投稿元:ブクログ

魔女としてコリコの街に来て2年目。まだまだ新米なんだけど、一生懸命でユーモアもあってすごく頑張るキキ。魔女だからって悩んだり、宅配便の依頼主の贈り物に込める想いを考えたり。悩み苦しみながらも、自分なりの解決をしていくキキに励まされました。

2013/12/11 23:03

投稿元:ブクログ

『魔女の宅急便』てお仕事小説だったんだ。
キキのひたむきさに心が洗われる。

冷凍台風なんておそろしいものが近付いて来ても、
「みんながよろこんでくれるとさ、湯たんぽより、ずっとあったかくなれる」
と、寒い中凍えながら飛び続ける姿を見習いたい。

決して順風満帆なわけではなく、悩んだり、落ち込んだりしているキキ。
でもキキとジジを取り巻く世界は優しくて、2人が出会う人達の優しさとほんのちょっと困ったところも含めて愛おしいなと思う。
私が見えてないだけで、私の周りも同じかもしれない。
優しくてほんのちょっと困った人達に囲まれているのだとしたら、私もキキのように周りの人達に優しさを返さないといけない。
ほんのちょっとどころではなく、困った人なんだから。

54 件中 1 件~ 15 件を表示