サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

あなたの明かりが消えること

あなたの明かりが消えること みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2016/03/19 18:39

投稿元:ブクログ

寂しさが、人を賢くするの
賢い人ってね、まるでバカみたいに生きていくのが下手なの。だから、あんまり賢くなりすぎちゃだめよ

佳世が哲生にかけた言葉。
胸の重しが少し軽くなる。
最近抱えてるもやもや?のせいかスタバであっという間に読了。

2015/01/20 09:21

投稿元:ブクログ

帯に、泣ける!泣ける!の言葉で、期待して読んだけど、イマイチ好きではなかったかも。

佳世も愛子も、頑張り屋でまっすぐで。
とくに、佳世の性格が好きではなかった・・・。
読者に媚売りすぎ。(って、んなはずはないけど。笑)
これは完全に、わたしの性格の歪みでおもしろく感じれなかったと、思う。。。^^;

あと、著者の顔写真がついてて、そのイケメン顔(わたしはそうは思わんが)に、ゲンナリしたせいかも。笑

レビューを書けば書くほど、自分の性格の悪さがでる、そんな本でした。

2015/08/21 22:39

投稿元:ブクログ

ご大層な帯が付いてるけど、そこまでのもんかなぁ?
どの人のエピソードも、微妙にうす味な感じで感情移入できず...

2015/01/20 22:55

投稿元:ブクログ

序盤からなんとなく展開が読める。流れが読めてしまうので心を動かされるほどではなく、「ラストは感涙必至」という帯は要らなかった。

2015/01/31 14:44

投稿元:ブクログ

泣いた〜。帯に「大の大人が泣きながら読んだ。」って書いてあるんだけど、本当にそう。こういう家族の形もあるんだね。

2015/05/26 23:13

投稿元:ブクログ

佳世は男が理想とする妻なんだろうなぁ
美しく、優しく、束縛せず、受け入れる…。
仲居の倉田さんが主人公かと思ったら、画家、来栖現の家族の物語で、タイトルもそこから来ていた。
2時間ドラマな感じ。

6 件中 1 件~ 6 件を表示