サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

2015/07/05 01:37

投稿元:ブクログ

スピード!!スピード!!スピード!!を地で行く三木谷浩史を追った本。

2014年11月からは、シリコンバレーの別荘で1ヶ月に1週間は過ごし、スペースXのイーロン、フェイスブックのシェリル、オラクルのラリーといったシリコンバレーの大物から、IPOしたばかりのルーキーまで集めてパーティを行っているらしい。パーティを行うことで、人も情報も集まってくる。

電撃的な買収を繰り返している楽天の秘密を垣間見れる。世界で戦うには常軌を逸するほどの質・量・スピードが必要なのだ。

2015/03/03 14:30

投稿元:ブクログ

三木谷さんを通して、楽天の歴史やビジネス手法の賛美がメインになっている。

最初の方では、世界のトップビジネスで戦う為に人脈を築く必要がありその為にアメリカシリコンバレーに居を構え、ホームパーティを開いてビジネス界の寵児を誘ってお互いに知り合う必要がある事等が、非常に華やかで特別なものだと言う感じで書かれている。

そういう面では規模は全く違うが、一昔前の職場であった、社員旅行などは、同じ事業所にいながら普段あまり接点がない人と交流する事で、後日仕事を円滑に進める事が出来る様になると言う意味では非常に良い制度だったのかもしれない。

基本的には三木谷さんはシャチがいるかもしれない様な未知な海に真っ先に飛び込み、魚を得るファーストペンギンとして賛美してる。
また経済学者の父を持ち、ハーバードのMBAでは金融、経済分野で著名な教授たちに「良一の息子か」と可愛がられ、経済界の重鎮からも可愛がられるなど、なぜホリエモンや孫正義さんではなく、三木谷さんなのか?と言う事を色々なエピソードとあわせて紹介している。

三木谷さんが興味のない話題になると途端に話をうわの空で聞く場面や世間から我田引水と批判を受けるような事についてもほんの少し紹介しているが殆どが楽天そして三木谷さんへの賛美として紹介されており、ちょっとうんざりする。
でも、社内英語化を進める場面では、最近仕事で資料を英語と日本語で作っている身として、激しく合意する。

2014/12/27 17:35

投稿元:ブクログ

オポチュニティーって何や!日本語で言え!
と言ってた某常務の小話しは、笑えた。
現役社員、これから楽天で働いてみたい人にもオススメ

2015/04/26 21:35

投稿元:ブクログ

「ファースト・ペンギン=三木谷」を追った本ではあるが、三木谷氏の側近たちの描写もあり参考になる。
「世界のトヨタ」で鍛えられた人もいれば、三木谷氏についていけずに楽天を退社した人もいるようです。チームには、色んなキャラの人が必要なことを確認。

2016/07/02 11:45

投稿元:ブクログ

関心を持ったことはとことん突き詰める
安住せずリスクを取り続ける
現実を直視し、そこからどうするかを考える
自分で描いたストーリーを信じなくてどうする

2015/01/07 02:07

投稿元:ブクログ

三木谷本人が書いているものではないので、非常に明解で自慢めいていないのが良い。会社の多くの役員をそれぞれピックアップして生い立ちが書いてあり、社風が見て取れる。以前読んだソフトバンクについての本に近い印象。

2015/03/02 00:49

投稿元:ブクログ

三木谷氏及び楽天を支える経営層の知られざる一面にフォーカスを当てた一冊。
特に、三木谷氏×周囲(国内(社内外)&海外)の構図の中で、
グローバルのトップ層との人脈を形成する泥臭い戦術が印象に残った。

サンバレー・カンファレンスへの出席。
シリコンバレーにある三木谷邸でのホームパーティー。
(イーロンマスク、シェリル・サンドバーグなどが訪れる)


また、社内ではトヨタ出身の武田氏と百野氏が楽天グローバル化を推進しているのが印象的だった。
(武田氏は三木谷氏とハーバード時代の同期)

業界は異なるがグローバルで最も成功した日本企業のキーマンごと、
エッセンスを盗み楽天化するあたりに三木谷氏の実力の高さを感じさせる。

2015/03/31 22:01

投稿元:ブクログ

楽天創業者三木谷浩史のルポ。楽天イーグルス優勝時の楽天市場2重価格問題も取り上げているが、基本三木谷氏の提灯本。もっと楽天創業時の苦しみや、楽天躍進の裏にある影の部分もフォーカスして欲しかった。

2016/09/24 09:43

投稿元:ブクログ

・ファーストペンギン=リスクを冒して道を切り拓く「業を起こす者・起業家」。彼がいなければ、ペンギンの群れは飢えて絶滅するところだった。国が支援するのは主に「インベンション=発明」のための基礎研究。だが、発明ばかりして特許件数を貯め込んでも、それを事業に結びつけなければ国の競争力は上がらない。インベンションの成果を社会に還元するには、知財や許認可など、様々な要素を結合させて価値を生む必要がある。創造的破壊で知られる経済学者のシュンペーターは、このプロセスを「新結合=イノベーション」と定義している。日本人の価値観や日本の産業政策は「ものづくり」に偏っている。三木谷浩史は楽天創業から常に古いヒエラルキーと闘い続けている。

9 件中 1 件~ 9 件を表示