サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/11/10 01:10

投稿元:ブクログ

闘魂三銃士がびったり世代なので、読まずにはいられない一冊。
武藤、蝶野に関しては知っている部分もあり、より深い部分がわかった感じで。
しかし、橋本に関しては元奥さんが筆を執っているので、まったく違う側面からの内容なので興味深い。
破壊王、恐るべし…。
いやそれ以上に奥さんの太っ腹というべきか。

腐れ縁という素敵な言葉に癒される。

2015/08/19 13:40

投稿元:ブクログ

橋本の不倫遍歴と蝶野が早々にスターを諦めている事、海外支部の大剛さんラインを覚悟してた事が驚き。

やはりEUのプロレス事情は当時も今もあまり宜しくない状況で武藤曰く「他は帰国してからのビジョン。俺はアメリカでどうのし上がろうかと思った」

これはNWA、WCWの良い時代に定着出来た人間だからこそで蝶野はよくあの放浪の旅でnWoT2000までこぎ着けた事が凄い。

2015/08/02 21:11

投稿元:ブクログ

闘魂三銃士デビュー30年を記念した本。
3人のプロレスラーとしてのキャリアをそれぞれの視点で(橋本真也の章はかずみさん)振り返っている。

一番響いたのは武藤の、「闘魂三銃士という関係性が作れるのは地球上でこの3人だけなんだ」というセリフ。
この言葉に闘魂三銃士の意味が集約されているように感じた。
その1人であった橋本はもうこの世にいない。
それでも、闘魂三銃士は不滅なのだ。

3 件中 1 件~ 3 件を表示