サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/01/20 16:58

投稿元:ブクログ

あの尖閣諸島沖での漁船衝突という、日中間の関係が悪化するきっかけになった事件の年に出したという本書は、日本人がふだん気づかない、日本のよさ、日本人の面白さをつぎつぎに特集し、多くの中国人の心をとらえているという。すでに25号まで出ていて、そのテーマは制服、猫、明治維新、漫画、武士道、礼儀、雑貨、手帳といった、身辺にころがっているもので、写真をとても芸術的に配置していて子憎いほどである。猫の特集は受けたが、犬はそうでもなかったとか、暴走族をテーマにしたが、中国ではそのようなことが許されないのでうけなかったとか、予想の当たり外れが面白い。日中の関係悪化後、日本人は中国へあまり行かなくなったが、中国人はどんどん来ている。この差はなんだろう。改めて考えさせられる。わたしたちは、この本の特集から、中国人、あるいは外国人が日本のなにに興味を持っているかを知ることができる。観光業に携わる人には必読書であろう。ところで、本書は雑誌のようだが、書物の形式をとっている。しかも、23号が欠けている。それは、このような本を出すには当局の審査があることで、雑誌だといいかだめかで終わるのを、本の形式にすることで被害を最小限にとどめているのである。23号は日清戦争特集だそうで、歴史上の事件を扱うことの難しさを垣間見ることができる。

2015/03/04 11:59

投稿元:ブクログ

春節期間の中国人旅行者の激増、爆買のニュースを見ながら読む、

旅行者は富裕層から次の階層に広がっているのか? この知日という雑誌を読む層がかなりいるのだから、

権力と富を独占する富裕層は土産物なんか買わないだろう、

2015/04/07 09:47

投稿元:ブクログ

読むのが楽しみでした。もっと読みにくい本かと思ったら読みやすい本でビックリ。
『知日』のアーティスティックさにも感動した。
この雑誌を作ってくれた著者と携わる人たちに感謝する。ずっと続けて欲しい。
中国語ができない事を残念に思います。

2015/03/16 18:24

投稿元:ブクログ

先日(2015年2月頃)、NHKの夜のニュースで「知日」という中国の雑誌のことを取り上げていて興味を持ち、購入した。
中国人の編集者が、日本文化、しかも結構マニアックな一面の特集を組んだ雑誌を定期刊行している。そしてその雑誌が、日本文化に興味がある中国人読者に売れている、というニュースは、政治的な日中関係からすると意外で、日本人としては嬉しいものだった。
この日本人向けの書籍版は、「知日」という雑誌の特集の内容、創刊に至る経緯、中国での反応等をかいつまんでまとめたものだ。この書籍版には、本誌の一部が抜粋して掲載されているが、奇抜で美しいデザインの誌面があったり、特集の内容も、かなり徹底的に取材しているようで驚いた。
本書を読んで中でも印象的だったのは、本書の主筆の毛丹青氏と内田樹氏の対談だった。日本人の「知的廃退」「情報格差」が危険だという指摘は、昨今の売れる本やテレビ番組の風潮を考えると実感がある。

2015/10/14 13:13

投稿元:ブクログ

帯文:”中国で大ヒット中の「日本大好き!」雑誌、ついに日本上陸!” ”親日でも反日でもなく、『知日』!!!”

目次:序にかえて 『知日』という希望の扉 毛丹青、知日グラフティ 2011~2013、インタビュー 反日でなく親日でもなく「知日」1創刊まで、「知日への旅」中国人が見た日本、知日グラフティ2013~2013、対談 内田樹+毛丹青、知日グラフィティ2013~2014、…他

5 件中 1 件~ 5 件を表示