サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (5件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

2015/10/21 00:11

投稿元:ブクログ

すっごく読みにくかったけどこれブログか、ならしょうがないな、って開き直ったら読めた。夢みたいなきらきらを手離したくなくてお金も使って体も売って色々傷ついて。身体を売らないと生きていけないって、精神的な面もあれば経済的な面もあって、これは精神的な面のお話。身体を売っても手元に残る身体。身体を売るって一体なんなんだろうってますます分からなくなる。

2015/01/04 21:31

投稿元:ブクログ

元AV女優、元日経記者、慶応SFC、東大大学院修士卒、という多様な肩書をもつ著者の自叙伝的エッセイ。

夜の仕事をして、ホストクラブにはまり、その傍ら、新聞記者をしたり、大学院にいったり、すごい人だなぁ、と素直に思いました。読んだ文章の内容については、共感はあまりできないけど。。。話したらどんな感じなんだろうか、と思います。

以前「AV女優の社会学」買ったけどまだ読めてないので、いつか読んでみないと。

2015/05/05 16:10

投稿元:ブクログ

 この文体はすごいなぁと思う。
 主客はどこに存在するのか。目的意識という物が無い(悪い意味では無い)。
 一見自意識過剰に見えるんだけれども、この文章には、何もかもを手放すことによりゆらぐ世界があるんじゃ無いかなぁと思わせる。
 それが幸せとも言い切れないんだろうけれども。
 高度成長期における、過剰なモノや地位に関する意識が失われ、新たな価値観が生まれるのかも知れないなぁ、と。そんなことを思った。というか、世代毎の価値観の違いなんて、人類創世の頃から有るんだろうけどね。

2015/01/23 21:49

投稿元:ブクログ

もっと筆者に「綴る」チカラがあれば、いろんなことがうまく伝わるのになぁと、文書表現に残念さを感じる部分が本当に多かった。
あとがきがイチバンよかった、というか自分に素直に書けていただけに、余計にもったいないなと思ったわけで…
でも、これが筆者の計算上の論法や構成だったとしたら、読者であるこちらがしてやられてるんやろなぁともw

2015/03/27 09:33

投稿元:ブクログ

週刊誌に何とも身勝手な騒がれかたをした涼美ネエサンの、とりとめのあるようなないようなしかし空気感というか雰囲気みたいなものは全くそんなものに縁もなく過ごしてきた自分にも伝わってくるようなエッセイ・論考・頭の中。

2014/12/11 15:17

投稿元:ブクログ

こういう人もいるんだなぁ…という。
語り口調とか話題の飛び方が読みにくかったのだけど、ウェブ連載を本にまとめたものと最後に知って、納得…。
頭から読まなくてもよい本だった…。

2015/04/05 16:46

投稿元:ブクログ

面白い人生歩んでるなーと思って読んでみたけど、こりゃ途方もなく面倒な女だわ・・・としか感想が出てこない。もっと冷静に、俯瞰して自身を見ているのかと思ったのだけど、あまり何も考えてないっぽい。その日暮らしが大好きなだけなのでは。ホストにも普通にハマっているし。AV女優に至るまでや日経記者生活を送る中での葛藤など、もっと面白い話が聞きたかったのに、薄っぺらな話のオンパレード・・・。考え方にちょっと接点のありそうな中村うさぎやはあちゅうなんかと対談したりしたら、ちょっと面白いかも。うさぎさんやはあちゅうの方がいろいろ深いとは思いますが。。。

「自分はかつて一晩で何百万円を稼ぐ女だった」という点を心のよりどころにしている鈴木さん、これはちょっと共感できる。もし頭の良い美人だったら、ルックスオンリー市場の中に知性も持ち合わせた状態で参入し、一泡ふかせたるぜ!という気分はわからないでもない。女性としての自分の価値を極限状態まで高めてやる!というのも理解できる。だが、この本には書かれていないものの、なぜこの人がAVの世界にいったのかがさっぱりわからん。AVって、一本目が一番ギャラ高くて、二本目以降はどんどん安くなっていくんでしょ?キャバでNo.1目指して頑張るのはわかるけど、何を求めてのAVなんだろう・・・。あー不思議。

2015/05/15 11:53

投稿元:ブクログ

本人自筆で文体は読みやすいが、書き出しから話の内容にいまいちついていけず。自分の知識・経験・想像不足が否めない。

同じ場所、同じ時間に生きているのに、こうも違う世界があるのかと改めて気づかされる。国内でこれだけなのに、世界まで広げて考えたらそれこそきりがない。

『普通の』恋愛、『普通の』家庭、『普通の』幸せが、多くの人にとってはきっと居心地のいいものに違いない。けれども、そこで落ち着かず、自分の中から沸き上がる好奇心や思いもかけない偶然により、そこから足が出てしまう人も一定数存在する。幸か不幸か、自分もそれらと同じ部類だからこそ、必要以上にその光に魅せられ、また吸い寄せられてしまう。

世界は、昨日も今日も明日も、いつだって変わらずあり続ける。
『変わらぬ世界と未熟な自分』 本書を読んで強くそう感じた。

2016/03/18 13:31

投稿元:ブクログ

素地の教養と、昼夜それぞれの世界で得た経験から、色々なものが見通せてしまうようになった方 という印象。
文体は特に気にならず。アドレナリンの出方が常人とは異なりそう。感性が個人的には非常に魅力的に感じました。Fカップもうらやましい。

2015/11/29 23:51

投稿元:ブクログ

実に、夜のお姉さんライフを、素直で正直に書いてある。頭も良く、でも、どこか破滅的とも受け取られる生き方を、楽しんできた著者。等身大で飾らず、自由に書いている。共感はできなかったですが、理解はできました。

今後、どんな生き方をしていくんだろうか?
漠然とした疑問が残りました。

2015/04/04 11:22

投稿元:ブクログ

表紙の可愛らしい女の人が著者。
この本を読んでも驚かないような大人になりたかったけど、ちょっと無理だったみたい。少しはビビってしまった。

でも、もっと広い視点で物事を見なければと、強く感じさせられた一冊です。

2014/12/02 20:17

投稿元:ブクログ

キラキラしてドロドロしていること。昼と夜の世界をどっちも知っているオネエサンが語るのは友人や知り合いだった人たちである語ると同時に自身のことや親だったり世間の価値観や男女関係はいつも面倒だけども人間の肉体は老いていくから今の自分の価値は如何程なのだろうとはかりながらも、女性として生まれてずっとその肉体や年代に価値をつけられることやそういう男や世間をバカにもしながら欲しいものを手に入れるために楽しみながらきちんと利用してきた人でありそういう人たちといた時間の話。愛と資本主義を描いた岡崎京子さんがどこか浮かぶのはテーマ的なことも固有名詞がガンガン出てくるのもあるだろうけど文体のリズムや他者をみる視線がどこか似ているような気もする。
この鈴木さんエッセイとかでこれから売れっ子になるんじゃないかなあ、四十代にジェーン・スーさんがいるように三十代にはこの方が。バブル世代でもないけど冷めてもしらけてもない世代としての女性の視点から。

2015/07/23 11:51

投稿元:ブクログ

私小説・風俗小説のようだが、ジャンルは自伝?エッセイ?。著者が実名で登場する。どこまで事実か、フィクションかは詳らかでない。日経記者、東大修士卒の美人とは思えないような、明け透けな表現にビックリである。「嫌われるよりつまんないと思われるのが怖い。愛より刺激が欲しい、でも愛情も欲しい。」【大きな窓の小さいおうちで子犬を飼って、私はレースを編むのよ、隣にはあなた】的な幸せの対極を自嘲するかのようにさらけ出す。そして31歳になり、商品価値が落ちたような言葉が頻発する。「女は最終的にハマるのが買い物と恋愛。買い物の確実性を楽しんで、恋愛にギャンブル性を求める」という登場人物の言葉が、社会学者らしい言葉かな。

2016/08/11 06:22

投稿元:ブクログ

著作というのは、著者の喋り方を反映する。
目の前に居れば、きっとこんな話し方。
言葉が散乱している。

金原ひとみの蛇にピアスあたりに出てきそうな人物像が、実像としてリアルに物語る。

こういう人たちの世界観というか価値観は面白い。しかし、取り巻く友人紹介まで広げられた時に、本当どうでもいい、という感じになってしまう。友人たちとの間に形成される約束事は、全て友人と繋がるためだけのモノ。自らの体験を通じた価値観ではなく、ジンクスのような思い込みの価値観で、ハッキリ言ってつまらないのだ。

もっと頭の良い作者だと思っていた。ただ単に、性の商品化に対し、一家言ある女性に過ぎない。歴史も哲学も国家も生理学もイデオロギーもない。量産化されたギャルのマイナーチェンジモデルがそこにあるだけである。

2015/08/17 12:57

投稿元:ブクログ

ははは、自由だな。文が読み辛いが、それも味。
女の価値が劣化する、今後どう生きて生きていかれるのか、楽しみ。何に価値を見出すのか。

17 件中 1 件~ 15 件を表示