サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

健康で文化的な最低限度の生活 2 (ビッグコミックス)(ビッグコミックス)

健康で文化的な最低限度の生活 2 (ビッグコミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.1

評価内訳

24 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

健康で文化的な最低限度の生活 2

2015/09/29 15:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:buss - この投稿者のレビュー一覧を見る

生活保護のリアルな現実が描かれている。
柏木ハルコの作品に共通するが、一般的にタブー視されるようなことをサラッと表現してしまうところが面白い。私には理解できなくて疑問に感じるところもあるが、逆に、女性の視点で見るとこうなのかな?と、いろいろ考えさせられて面白い。でもやっぱりこの作者、変わってると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生活保護の実情は

2015/11/15 07:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

自治体での生活保護を扱う職員を主人公にしたもの。
ホームヘルパーの眼を通して介護の実態を描く「ヘルプマン」など、最近、この手の地味な仕事を扱った漫画がおもしろい。
今、日本ではワーキングプアといわれる年収200万円以下の人口が1100万人を越えたと報道されている。生活保護は身近な問題だ。介護もだが。しかし、その実態は、自らが当事者とならなければ分からない。ブラックジャックを探してやおたんこナースなどの漫画も同系列だが、違いは後者が職業そのものに焦点が当たっているが、ヘルプマンや健康で・・・は仕事よりも介護や生活保護の実態に迫っていることだ。こうした漫画が増えてほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勉強になる

2015/08/31 02:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちびた - この投稿者のレビュー一覧を見る

社会福祉系に近い仕事をしています。
マンガなのにすごく勉強になる。いや、マンガだからか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味のとっかかり

2015/08/26 07:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テツ - この投稿者のレビュー一覧を見る

よくニュース等で話題にあがることも多いが、詳細は上手く伝わりづらい分野だと思います。だからこそ、漫画等の形で興味を持つきっかけになり、メディアの意見ではなく読者自身が自身の目や耳で感じてくれるといいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

生活保護とは何か?

2016/11/30 12:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大和の梟雄 - この投稿者のレビュー一覧を見る

福祉事務所で勤務するCWのお話しです。
なかなか福祉事務所をテーマとした作品は少ないので勉強に
なります。生活保護とは何か?考えさせられる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これが限界なのか、作者の姿勢なのか

2015/06/02 04:06

5人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻で新人ケースワーカーたちの人物紹介が済み、2巻はみっちりケースを描いています。昨今では注目度の高い不正受給がエピソードとして出てきますが、生活保護受給者がシステムを理解しておらず、高校生の子供がアルバイトしてしまい、その収入を申告しなかったことが不正受給になる、というあくまで「弱者」に優しいストーリー。やはり、「闇」には触れられないのでしょうか。
しかし、このエピソードの作り方が適切だったかわかりません。物語では、高校生の男の子がアルバイト代を趣味のバンド活動につぎ込み、ギター代や、大量のCDの購入に充てています。
生活保護を受けていない、普通の家庭の高校生で、自分の欲しいものを買うためにアルバイトをしている子なんてたくさんいるし、CDを買わずにレンタルで我慢している子だってたくさんいるでしょう。そもそも、生活保護を受けていながら、義務教育ではない高校に行くのが当たり前のように書かれ、重税感にあえいでいる貧民としては不公平感だけが募ってしまいました(これは、この本を貸した友人も言ってました。生活保護で生活が汲々の設定なのに、一円も家に入れないなんて、とか、なぜ就職しないで全日制の高校に行ってるんだ、おかしいだろ、と。生活保護を受けずに子供が中卒の家庭や、専門学校で手に職をつけさせる家庭はいくらでもあるのに)。おそらく作者は、制度を知らずにバイトしてしまった生活保護受給家庭の高校生がかわいそうという視点で書いているのでしょうが、それにはまったく共感できませんでした。
この作品のスタンスがわかりましたので、購入するのはこの巻で終わりにしたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/10 23:12

投稿元:ブクログ

不正受給は数パーセントというが、母数が大きすぎるわけで。福祉ってなんだろうか。一番ショックだったのは、文字が読めないために就労機会ないケース。

2015/02/15 15:09

投稿元:ブクログ

1,2巻購入。
借金の返済が自分の責任だと言ってますが生活保護を受けてそこから返すのって本当に自分で返済してるってことになるんだろうか?とか思ったり。まあいろいろな考え方があるでしょうけれども…。
高校生の彼は可哀想だなぁ。可哀想だけれども仕方ない、んだろうな。
それにしてもケースワーカーさんって研修受けてるんだろうにこんなんで良いんだろうか?というような主人公。せめて最初の何か月かぐらいは前任者と組んで行動とかじゃないのだろうか…。まあそれだけケースワーカーの人数も足りてないってことなのかな。

2016/07/12 14:31

投稿元:ブクログ

そうなんだよね
公的補助金って、たまに「ええええええっ!?」ってなる。
仕方ないことなんだけど
頭では判ってんだけど。
そんな実体験を持った私には
高校生の彼のことを思うと泣けてくる。

2015/07/01 14:43

投稿元:ブクログ

流行り?のお仕事系。生活保護について、とても勉強になる。我々福祉職としてもとても勉強になる。いろんな人の人生があるということを忘れてはならない。やっぱお金がないって大変なことだ。半田さんのような先輩がいたらいい。というか、私がなっていかなくては。しかし、主役の義経えみる(ってすごい名前だよな)はいいとこなしだけど、試験に受かってんだから勉強はできるってことか?2巻最後の高校生のバイトの話は切ない。つーか、全部切ないんだけど。字が読めないとか、借金とか。3巻は今年の秋に出るって。楽しみ。

2016/02/20 07:22

投稿元:ブクログ

生活保護費の不正受給についての話です。まだ2巻だから仕方ないとは思うのですが、法律や条例をこえた主人公の判断や行動を読みたいのに今のところはまだまだ未熟です。

2015/09/27 23:57

投稿元:ブクログ

かつては高校生のアルバイトの未申告は生活保護法63条で処理していた時代もあったが、平成24年に未成年者のアルバイトについても78条で対応するように通知が出ている。
したがって、今は未成年のアルバイトであっても申告していなかった場合は不正受給としてみなされ、最大で1.4倍まで割増して徴収することができる。

2015/04/05 17:02

投稿元:ブクログ

1巻は鳴り物入りで始まった割には、重すぎるテーマを消化し切れていない印象でしたが、二巻になって、ネタ、背景を把握できたのか、テーマにしやすいネタを見つけれたのか、ずっと面白くなってました。
そーなのよ。悪い人なんて一握り。ハッピーエンドで終わるネタは少ないだろう。それでも連載が続くことを望みます。

2015/02/02 02:21

投稿元:ブクログ

生活保護利用者数:216万1053人
生活保護費総額:3兆6028億円

うち、不正受給額:190億5372万円
割合にして、全体の0・5%
(平成24年度)

不正受給といっても、いろいろと背景がある。

2016/05/16 22:18

投稿元:ブクログ

真面目な社会派漫画。東京都東区,生保担当の新米職員えみるの奮闘記。
いろんな人がいていろんな問題があるもので,そういう想像力に欠ける自分にはためになる。高校生クン,うまくいくといんだけど…。

24 件中 1 件~ 15 件を表示