サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/11/14 17:07

投稿元:ブクログ

関東大震災後に、京王が横浜市電に旧型車を融通した時、自走で行けた話がすごい。新宿追分で東京市電に入り、京急を経て横浜市電へ。
戦中に変電所が爆撃されて甲州街道で省線を越えられなくなった話は有名だが、その勾配は 40 ‰ だったと言う。
現井の頭線と東京山手急行電鉄の話題が興味深い。
鉄道省文書という範囲から、多摩川以西の相模原線は言及されない。

西武は、国分寺から川越への川越鉄道を起源とするが、川越への競合路線として東上線と所沢から東京へ短絡する現池袋線が開業してしまう。対抗するために東村山から東京へ向う線を種々計画するが認可を得るのに苦労し、最終的にやっと実現したのが現新宿線という経緯が興味深い。
村山貯水池ができると観光需要を見込んで三社が支線を建設して競い、戦後も奥多摩湖への鉄道直通とケーブルカーが計画されたが、モータリゼーションが進んで頓挫したという。鉄道時代の観光需要が想像以上のものだったことに驚く。

東武は、利根川鉄橋が大きな課題だったことは想像できるが、開通時には荒川放水路がまだなく、開鑿時に線路変更と架橋が必要になったことを知らなかった。
東上鉄道の上州は渋川を目指していたことも、本書で知った。

2015/06/14 15:56

投稿元:ブクログ

京王、西武、東武に書かれた本。
この中でいちばん歴史に関して書かれてこなかったのは京王でしょうか。
ただし、歴史の長い東武や、路線敷設の歴史が複雑な西武と、3社を一冊の本にまとめているので、若干量が少ないかと思います。
それでも、★5個ということで、良書だと思います。

2015/02/22 12:55

投稿元:ブクログ

2015年2月刊。昔の地図と鉄道に詳しい今尾さんの本。

京王線のルートが当初計画の甲州街道沿いから今のルートに変更されたのは、多摩川と浅川を別々に架橋するのが大変だったので、合流直後の下流側(今の聖蹟桜ヶ丘)を通るように変更した、という仮説が面白い。

西武線で一番最初に開通したのが今の西武国分寺線だったとは意外。当時は国分寺〜川越間の直通運転で、さらに今の中央線と直通運転していたとは!ほぼ南北に位置する両地点を一直線で結ばずに、くの字に曲げて入間川を経由しているのは、発起人が入間川町の人が多数だったから。

3 件中 1 件~ 3 件を表示