サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

面影に立つ(幻冬舎時代小説文庫)

面影に立つ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/10/06 20:17

投稿元:ブクログ

剣客春秋親子草シリーズの3で,前作の続き~出羽島中藩から通っている門弟が惨殺された。鬼斎流が仕返しているのか。どうやら,島中藩の留守居役が鬼斎流に肩入れして寵愛を失い,江戸家老を斥けてその座を狙っているようだ。国許から諸刃の直刀で横薙の剣を使う手練れが出府しているらしい。更に目付の配下にある梟組という隠密も出てきている。梟組には女もいて,花が三味線の撥で首を掻ききられそうになったが,最後に手を止めた。御用商人に招かれた江戸家老が芝の料亭の帰りに襲撃されたが,短弓をもった職人風の討手も確認した。下屋敷勤めの藩士が御用商人を訪ねて色々探りを入れたところから,刺客の塒が判明する~行間が広くて読みやすいねえ。こんな修羅場ばかりを見せられて花ちゃんの将来が心配

2015/08/06 20:54

投稿元:ブクログ

第三弾-前巻の続き
更に敵の強さが多彩になり闘いも熾烈に
出羽島中藩の黒幕も無事表に、忍びの女の心も

2015/02/24 07:20

投稿元:ブクログ

2014年12月刊。シリーズ3巻め。殺伐感がますます増えて、ちと食傷気味に。藤兵衛と彦四郎で横薙ぎの太刀を破る工夫のシーンは面白かった。縄田一男さんが解説で最近作の妻恋坂情死行について触れられていたのが気にかかります。

3 件中 1 件~ 3 件を表示