サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

蝶のみちゆき(SPコミックス)

蝶のみちゆき みんなのレビュー

  • 高浜 寛
  • 税込価格:1,0009pt
  • 出版社:リイド社
  • 発売日:2015/01/30
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2015/04/10 02:31

投稿元:ブクログ

悲しい話なんだけど読後感は悪くない、むしろまた読み返したくなっちゃうところに高浜さんのストーリー構成の巧みさが光っていると思います。
和装の日本人、外国人、子ども、老人、病人…これだけの登場人物が自然に描き分けられているのがすごい。

2015/03/05 17:28

投稿元:ブクログ

幕末~明治期の長崎・丸山遊女の悲しい物語。黒いベースにコマ割りしてあり、そんなところからも明るい話ではないことが伝わる。ただ、悲惨なんだけど、ぐしょぐしょに辛くならないのは、遊女の強かさがあるからか。
漫画だけど小説を読んだような読後感。
絵柄は流行のものではないけど綺麗です。
二度ほど、対のように同じセリフが出るところがあるのが印象的。
また長崎に行きたくなります。

2016/04/01 22:33

投稿元:ブクログ

花魁が主人公のマンガはどうしても少女マンガよりになりがちなんだけど、この作品は比較的ドライで読みやすかった。
主人公の切ない身の振り方がなかなか良い。

2015/04/27 15:05

投稿元:ブクログ

幕末〜明治初期の丸山遊郭を舞台にした物語。トーン先生ことボードウィン医師が丸山遊女に熱を上げていたという設定は作者によるフィクションだと後書きに書かれているが、微妙な愛憎がいい感じ。健蔵と几帳太夫との関係にもいえる。

2015/03/29 00:17

投稿元:ブクログ

これは…いい!!
丸山遊廓のお話。

几帳さんがねえー、本当に綺麗で強くて…かっこいいんだよねえ。
帯にも書いてあるけど、純愛!まさに!

読めば読むほど几帳の強さと悲しさがわかってきて何度も読み直しちゃう。

終わり方も綺麗で久々にきたー!って思う作品だったなー。
悲しいんだけど、読んだあとすごく満たされた気分になる。

2015/04/12 23:56

投稿元:ブクログ

たかが漫画されども漫画の凄み。息を呑み、吸い込まれ、引き込まれた瞬間瞬間に訪れる醍醐味と遊女・几帳の胸間に流れる情を汲みした時に思い感じる物憂いがしんしんと胸を打ち、しんみりとしつつもそれでも尚、几帳の凜とした儚さが惚れ惚れする程の美しさを醸し出していて、ただの悲壮感が残るだけでは無い名残欲しい読後感がまたも良い味わいの深さであった。あとは数ページぐらいカラーページがあっても良かったかな〜と表紙見て思いました。

2015/12/08 11:23

投稿元:ブクログ

純愛とはよく言ったもので遊女の話なのにいやらしさが無い、セックスをしても口ずけだけは好きな男とだけという几帳のポリシーと最後の性病にかかってもうすぐ貴方の元に行けるというラストシーンがなんとも言えなかったです。

7 件中 1 件~ 7 件を表示