サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー50件

みんなの評価4.2

評価内訳

50 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

「イスラム国」の基礎を学べる書籍

2015/03/16 21:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まっしゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を購入し読破するまではアルカイダを始めとする他の組織とイスラム国の違いだけでなく、スンニ派とシーア派の違いについてすらも、その認識は怪しかった。本書では、それらについての知識も覚束ない人に対する入門書として、かなり分かりやすい書籍になっていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

入門書に最適

2015/10/13 23:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazuo - この投稿者のレビュー一覧を見る

大概の人にはニュースでだけ追っているだけでは理解しづらい「イスラム国」を最初から学びたい人には最適。カリフ制国家の意味すらろくに知らない自分にはわかりやすく値段も分量もリーズナブルな良書であった。新書レベルのものをもう数冊読んでより理解を深めたい。

しかし、ここまで価値観の異なる「国家」と今後、いかなる折り合いがつけられるのだろうか?著者自身も当然、その解はもっていないが本書、終盤にイスラム国を欧米諸国(その際は当然日本でもあろうが)「国家承認」をしなくてはいけない可能性を示唆しているのが不気味である。個人的には(本書に触れられていないが)最悪の事態としてイスラム国が核を保有する可能性があると思っている。その事態に備えた対応を日欧米各国の為政者は今から考えておく必要があると考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/01 17:18

投稿元:ブクログ

「イスラム国」の呼称がいろんな意味で問題となっているが、著者によれば、多頭型代理戦争の間隙をつき、領土をとり、いち早く経済的自立を達成し、まさしくテロリストが史上初めての国家を作ろうとしている点が、従来のテロリストや単なる過激派とは相違するとの指摘が重たい。

2015/06/06 12:21

投稿元:ブクログ

IS(イスラム国)とは何者か。
この本はIS誕生の背景と支配方法を解き明かした内容。

中東の民主化運動アラブの春はシリアまで到達したが、ロシアとイランの後押しでアサド独裁政権はしぶとく生き残っている。もはや内戦状態で国家破綻の様相を呈しているが体制転換の気配はない。その地に入り込んだカリフ制イスラム国家樹立を目指すテロ集団IS。・・と言いたいが、その内実は実に近代化された組織で、著者は「近代性と現実主義」をもった国家であると指摘している。
グローバリゼーションと最近のテクノロジーを駆使して、石油などの天然資源から金を稼ぎ、決算書をつくり、支配地域のインフラ整備をして住民たちの要望やニーズにしっかり応えてる。
おまけに中東ならではのイスラム教をめぐる事情がある。
ISの支配地域はスンニ派が多い。シーア派に虐げられてきたスンニ派住民が同じスンニ派(とスンニ派国家に支援された)のISの支配を受け入れている。背景にあるイスラムの宗派対立の要因は見逃せない。シーア派が多数を占め、腐敗した現在の体制よりISのほうがマシ。そう考えるアラブ人がいることに問題の根深さを知る。

本書を読むとニュースからみる過激な狂信集団のイメージとは違った一面があることが分かる。だからこそ厄介なんだよなあ。

2015/06/10 22:43

投稿元:ブクログ

この問題の一冊目として読みました。

突然現れたように見える彼らが、どうやって力を蓄えたか、そして、力を与えた者たちの構図がよくわかる一冊です。

2015/05/08 18:52

投稿元:ブクログ

良くも悪くもパンフレット。
短いのでしょうがないし、具体的な事象や前提となる歴史知識に触れ始めたら膨大なので、このアプローチは正解かも。
他の本を読んだら、ざっと読み返す。

2015/02/04 23:51

投稿元:ブクログ

内容紹介 中東の国境線をひきなおす。

アルカイダの失敗は、アメリカというあまりに遠 い敵と 第二戦線を開いたことにあった。 バグダッド大学で神学の学位をとった一人の男、 バグダディは そう考えた。 英米、ロシア、サウジ、イラン、複雑な代理戦争 をくりひろげる シリアという崩壊国家に目をつけた、そのテロリ ストは 国家をつくること目指した。 領土をとり、石油を確保し、経済的に自立 電力をひき、食料配給所を儲け、予防接種まで行 なう。 その最終目標は、失われたイスラム国家の建設だ と言う。

対テロファイナンス専門のエコノミストが放つ まったく新しい角度からの「イスラム国」。

池上彰が渾身の解説。

はじめに 中東の地図を塗り替える

欧米の多くの専門家は「イスラム国」をタリバン と同じ時代錯誤の組織だと考えている。しかし、 それは違う。彼らは、グローバル化し多極化した 世界を熟知し、大国の限界を驚くべきほど明確に 理解している

序章 「決算報告書」を持つテロ組織

冷戦下のテロ組織は、PLOにしてもIRAにして も、狭い領域内で正規軍に対して戦いを挑んだ。 イスラム国の決定的な違いは、群雄割拠する国際 情勢の間隙をついて、広大な地域を支配下におい た点だ

第1章 誰が「イスラム国」を始めたのか?

「イスラム国」の起源は、ビンラディンに反旗を 翻したザルカウィに始まる。「遠い敵」アメリカ ではなくシーア派を攻撃するその路線は、バグ ダッド大学でイスラム神学の学位をとった一人の 知識人にうけつがれる

第2章 中東バトルロワイヤル

米ソという超大国にいきつく冷戦期の代理戦争と 違い、今日の代理戦争は多岐にわたるスポンサー 国家が存在する。そうした多頭型代理戦争の間隙 をついたのが「イスラム国」だ。いち早く経済的 自立を達成し、優位にたった

第3章 イスラエル建国と何が違うのか?

イギリス、フランスの手によって引かれた中東の 国境線を消し、新しいカリフ制国家を樹立する。 そうとなえる「イスラム国」は、ユダヤ人がイス ラエルを建国したのと同じ文脈にあるのだろう か?

第4章 スーパーテロリストの捏造

イラクのサダム・フセインとアルカイダをつなげ るために、欧米によってザルカウィの神話がでっ ちあげられた。十年後、後継者のバグダディは、 ソシアルネットワークの力でカリフ制国家の神話 を欧米の若者に信じ込ませる

第5章 建国というジハード

「イスラム国」は、カリフ制国家の建国という まったく新しい概念をジハードに持ち込んだ。そ れは、アメリカという遠い敵に第二戦線を開いた アルカイダ、腐敗と独裁の中東諸国の権威を一気 に色あせさせたのだ

第6章 もともとは近代化をめざす思想だった

「イスラム国」がよりどころにしているサラ フィー主義はもともとは、オスマン帝国の後進性 から近代化をめざす思想だった。それが欧米の植 民地政策によって変質する。「神こそが力の源泉 である」

第7章 モンゴルに侵略された歴史を利用する

一二五八年、バグダッド���、モンゴル人とタルタ ル人の連合軍によって徹底的に破壊された。当時 連合軍を手引きしたのはシーア派の高官。21世 紀、欧米と手を組むシーア派というロジックでこ の歴史を徹底利用する

第8章 国家たらんとする意志

グローバル化と貧困化は、世界のあちこちで武装 集団が跋扈する無政府状態を生み出した。しかし これらの武装集団と「イスラム国」を分けるの は、「イスラム国」が明確に国家たらんとする意 志をもっていることだ

終章 「アラブの春」の失敗と「イスラム国」の 成功

ツイッターによるイランの「緑の革命」、フェイ スブックによる「アラブの春」、ユーチューブに よる「ウォール街を選挙せよ」そして香港の「雨 傘革命」。これら社会変革の試みが必ずしも成功 しなかった理由は何か?

2015/02/17 22:48

投稿元:ブクログ

2014年6月時点で「イスラム国」と呼ばれるようになった武装集団の最終目標は、失われたイスラム国家の建国であるという視点で、中東情勢および組織を分析している。「イスラム国」が他の武装組織と異なっている点を所与としているというか、原初から異なっているかのように予言的に特別視している点は納得できないけれど、結局は昔からある覇権争いに他ならないという視点は納得した。中東の今を理解する一助になった。
ツイッターやYouTubeに代表されるテクノロジーはテロ組織のありかたすら変える。プロパガンダに曝される僕らは、何を見て何を見ていないのか、それを流している個人・集団の目的は何なのかを冷静に考えて行動しなくてはいけないと思いました。

2015/02/28 21:54

投稿元:ブクログ

126p:
どちらの軍隊も、自分たちの行動を正当化するために大義を掲げている。すると、次の疑問が湧いてくる。かつてのイスラム帝国の領土に過激なサラフィー主義を奉じるカリフ制国家を建設するという約束は、民主主義を広め、その過程で欧米の多国籍企業による市場経済植民地をつくるという意思表示よりも、はるかに訴求力があるのではないか。

2015/08/01 18:58

投稿元:ブクログ

ITを毛嫌いしていたタリバンと異なり、イスラム国はソーシャルメディアを活用して、リアルタイムにいろいろな情報発信を行っている。サイバー技術は中立であり、武装組織が宣伝する暴力的なメッセージを改変もしないし、誇張もしない。イスラム国のプロパガンダはプロの手でITを駆使して後世されている。高等宇教育を受けた欧米出身者が関与していることは間違いないとの指摘もある 。

2015/02/14 18:36

投稿元:ブクログ

「イスラム国」とは一体何なのか、と思い勉強のために購入。
残虐な行いや暴力的な振る舞いばかりしているのかと思ったけど、支配地域では住民に生活支援をしたりインフラを整えていたりするということがわかり意外だった。
やり方は暴力的であるし受け入れられるものではないけれど、彼らは国家建設に本気なんだと感じた。恐ろしい限りだけれど。

2015/03/10 07:58

投稿元:ブクログ

ISIS、ISIL、イスラム国 様々な呼称で呼ばれている、アル・バグダディが率いる武装集団。なぜ、色々な名前で呼ばれるのか、それすら私にはわかっていなかった。
アルカイダは、その主たる戦場を海外に求めたが、イスラム国はシリアをベースに、イスラム国家を作ろうと活動をしている。
武力、テロという形で土地を占領し、占領地域内では経済活動を行う。国を運営する。そして、さらにその勢力(国土)を獲得するために、武力による攻撃を積極的に進める。
国土の獲得方法こそ、欧米的視点からみたら異常ではあるが、自分たちの土地を勝手に分割されたと信じる彼らにとっては、武力に訴えた土地の獲得(そして、そこに彼らの国家を作ること)は自然でさえある。
そして、だからこそ欧米的視点では、彼らを国家として認めず、ないテロリスト集団として捉え続けようとしている。
イスラム「国」についてのニュースに接するときに、基礎知識として頭に入れておいたほうが良さそうな情報でした。

2015/03/01 10:30

投稿元:ブクログ

「イスラム国」を生んだのはグローバリゼーションと最新のテクノロジーである。前身はイラクのアルカイダであり、シリアやイラクの難民は「イスラム国」の支配をタリバン時代と同じだと語る。征圧地域内に残る住民は、過激なサラフィー主義(宗教的に極めて厳格で初期のイスラム指導者の教えに字義通り従う)に改宗するか、でなければ処刑されるという一種の宗教的浄化を行っていると見られる。ここだけを見ればいわゆるイスラム原理主義で中世の世界観のように思えるのだが。

タリバンやアルカイダとの違いで言うとイスラム国は明確に領土の拡大を目的にしている。テロを手段としながらも先の2つとの違いは近代性と現実主義にある。シリア内戦では国際的な協調介入がうまく働かないことを見抜き、当初はスポンサーの資金を得て代理戦争をする組織だったのが油田地帯を抑え自前の資金源を獲得した。これまで中東の武装集団で自ら新しい地域支配者を名乗るに至った集団は一つもなかった。宗教的な弾圧(ムチ)だけでなく支配地域の道路を補修し、食料配給所を設置し電力(アメ)を供給した。イスラム国のメッセージはカリフ制への回帰とそのカリフの下で作られる新しい国家でスンニ派住民の支持を得ることにも熱心なようだ。イスラム国はスンニ派ムスリムにとってのイスラエルになろうとしている。さらには自爆テロ1件ごとの収支計算を行い、決算報告書を作成している。

第一次世界大戦後にイギリスとフランスが結んだサイクス=ピコ協定がオスマン帝国の領土分割を決めた。このときに出来たシリアとイラクの領土を獲得することをイスラム国は最初の目標にしており、反欧米や親米イスラム国家に対するメッセージを発している。テロリストは国家を作れるのか?イスラム国が領土を拡大しているカギの一つがテロ・ビジネスによる収入源の確保でありスポンサーの影響を受けなくなったことだ。歴史的に見ればPLOのアラファトは年間80億から100億ドルの予算を運営するようになる頃にはその政治文化は汚職や賄賂や横領にどっぷりつかり組織も幹部もすっかり評判を落としている。PLOとイスラエルもお互いに暗殺や誘拐などのテロ行為の応酬を繰り返しておりPLOもテロ組織と見ることが出来る。今では国連加盟国でパレスチナを国家承認していない方が少数派になっている。PLOがイスラム国のモデルの一つであることは間違いない。イスラム国の資産総額はまだ20億ドルとPLOに比べてはるかに小さいがGDPで20億ドルなら世界160位相当になる。

イスラム国が自らのテロ行為をSNSに流すことは他のテロ組織から学んだ「恐怖のプロパガンダ」の一環であり暴力行為のニュースの価値もわきまえている。またアメリカによるイラク侵攻時の神話にも学んでいる。元々イラクのアルカイダの指導者ザルカウィが力を持つに至ったのもアメリカがイラクを攻撃する理由としてフセインとアルカイダをつなぐ正体として彼を指名したことによる。コリン・パウエルの発言によりザルカウィはジハード戦士のスターとなり資金を集めるに至った。イラク侵攻の正当化がイスラム国と言う形をとって跳ね返って来たのだ。

2000年の時点でザルカウィはビン・ラディンからのアルカイダの一員になると言う誘いを断わっている。対イラク侵攻の時点でザルカウィは対シーア派のテロを始めていたがビン・ラディンの標的はあくまでアメリカでスンニ派とシーア派の離反には乗り気ではなかった。ザルカウィの死後「スンニ派の覚醒」という出来事が起こり長老達はスンニ派の人々にジハード集団と袂を分かつように説得した。「アルカイダ」ブランドは地に落ち、そこに出て来たのが現在のイスラム国指導者バクダディだった。2010年にイラクのアルカイダの指導者となったバクダディはシリア内戦の混乱につけ込み勢力を拡大した。バクダディ自身は正規の教育を通じて神学を学んだ指導者でありながら、2005年にアメリカに拘束され5年間服役した間は目立たなくしていた。カリフに選ばれたバクダディの演説はこうだ。「私がまちがっていると思ったら、私に教え、正しい道に戻してほしい。私があなた方の中の神に従う限り、あなたがたも私に従ってほしい。」イスラム国内部ではバクダディは厳格な宗教指導者として振る舞っているということだ。フセインの残党が合流する前からバクダディは国家の運営を目指していたと考えるべきなのだろう。

イスラム国に対抗するためにはどうするべきなのか?これまでのアメリカの手法ー対向組織に武器や資金を提供するーと言うのはこれまで見た限りその資金や武器が自身に跳ね返ってきている。手段としての空爆はともかく、すでに行われているように資金を断ち切り、支配地域の住民と指導者を離反させる必要が有る。(それをやるにはアメリカは嫌われ過ぎている様に思えるが)少なくとも例えばサウジへのカリフ制国家の革命の輸出を防がないといけない。シーア派はイスラム国の敵であり、スンニ派国家の指導者からしても反政府組織を勢いづけるイスラム国は敵だろう、ただ共同戦線を組むところには行ってない。著者は元々の原因をアラブ諸国がイスラエルを認めたことに遡ると言う。そしてこの本であえて「イスラム国」という呼称を使うのも、「国家ではなく武装集団だ」と言うメッセージが現実の脅威に直面するには役に立たないからだと言う。個人的には単純接触効果のため「イスラム」に対するイメージの悪化が起こるのでISIS等でいいのではないかと思うが。単純にアメリカの対テロ戦争にのると言うのは過去の経緯を見る限り賛成できない。

2015/02/15 19:51

投稿元:ブクログ

イスラム国には、その他ジハード集団と異なる点が多くある。代理戦争による支援を素早く自らの基盤を整えることに費やし、決算書を持ち、ソーシャルメディアを活用し、制圧地域におけるインフラを最低限整えることで住民のコンセンサスを得ようとしてきた。
メディアでしか情報を得られない私達は、それが真実であるかを自ら確かめようとせず(現実的には確かめることは不可能に近いが)、メディアから流れる映像とプロパガンダで、架空の国家のイメージをそれぞれ作り上げている。

1日単位で状況が変わっている今、ニュースで得られる情報からは、すでにイスラム国が「国」として樹立するのは非常に困難なほどに世界を敵に回してしまった様に思える。
しかし、現場で起きていることは事実と異なることが多いため、私には何が正しいのか分からない。
テロリストが生まれ、それを叩くことで、また新たなテロリストが生まれる。
この負のループを止めるには、社会基盤の安定、有能な政府、安定した収入などが必要であるかと思われる。そのために、まずは教育、正しい知識が必要である。
余りにインフラが整っていないため、戦後の日本のような対応が必要かもしれないとも思うけど、危険過ぎて誰も自ら介入したくない。ものすごく難しい問題ですね。

2015/04/06 23:21

投稿元:ブクログ

アル・カイダとISの違いは?
という問いにはっきり答えることができるだろうか。
本書にはそれがある。
ネットや技術を駆使し、理念を持つ新たな組織。
はっきり言って彼らの行為は卑劣で残虐だ。
だがある種の魅力というか、人をひきつけるエンターティナーとしての厄介な媚びを持っている。

厄介な組織や独裁者は、ノープランで権力を広げられるわけではない。
その背後には緻密な戦略がある。ISもそうなのだ。

50 件中 1 件~ 15 件を表示