サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

トヨタの危機

トヨタの危機 みんなのレビュー

  • 舘内 端 (著)
  • 税込価格:1,38212pt
  • 出版社:宝島社
  • 取扱開始日:2014/12/03
  • 発送可能日:購入できません

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/03/02 23:20

投稿元:ブクログ

業績好調なトヨタの戦略に対して、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考員をただ一人第一回から務める著者が疑問を呈した一冊。

先頃トヨタは燃料電池車としては世界初の市販車であるMIRAIを販売した。

これからのエコカーとして燃料電池車を中核にしようとするトヨタの戦略が、"危機"だとするのが著者の主張。

燃料電池車は水素と水の反応を利用した発電によりモーターを駆動するものだが、水素を製造する過程で多くの二酸化炭素を発生するという。

さらに水素を貯蔵・供給するための水素ステーションの建造にも莫大な費用が発生する。

インフラが整っていない状況で、燃料電池車の普及は時間がかかり、リスクも高い。

ヨーロッパでは、ガソリンエンジンの燃費を向上させるとともに、既存インフラを利用できるEV・ PHEVを主軸に据えようとする動きがある。

トヨタでもその用意がないわけではないが、欧州メーカーと比べると遅れをとっている。

燃料電池車は、エネルギー網を含めた社会インフラの一つであり、そのインフラ整備をいかに進められるかに成否がかかっている。

果たしてトヨタの戦略は吉とでるか凶とでるか、その答えは20〜30年後というところか。

2015/02/12 21:41

投稿元:ブクログ

ハイブリッドカー、そして燃料電池車で進むトヨタ、一方電気自動車を推進する巨大競合。果てしてどちらに未来が?

2015/03/17 07:06

投稿元:ブクログ

燃料電池車がガラパゴスになる可能性が高いことがわかります。やはり水素ステーションを世界中に普及するのはハードルが高い。

2015/05/05 22:46

投稿元:ブクログ

2015年の16冊目です。
Toyotaが、燃料電池車へ突き進んでいることへの警鐘です。明らかにハイブリッド車でこれからのZEB規制や欧州CO2規制には太刀打ちできません。トヨタには電気自動車がありません。急速なインフラ整備を進めて、水素社会を引き寄せようとする戦略に見える。
本当に、それでいいのか?
トヨタは、EVを開発しないのか?多くの関係者はそう思っている。
欧州メーカーは、着実にプロセスを経て開発を進めている。
国内中規模メーカーに至ってはそのレベルにさえ達してない。EVを持たない日本の中堅メーカーだっていくつもある。
2017年のカリフォルニアのZEV規制をどうやってクリアーするのか?ハードルは高そうだが、戦略は練られているはず。ホントにこれは危険な賭けなのか?
凝視するべきことだと思う。

2016/01/17 10:24

投稿元:ブクログ

他社が電気自動車に舵を切っているなか、トヨタだけが燃料電池車にこだわり続けている。インフラも整わないし、水素を作るのに二酸化炭素を放出するので、まだまだ技術として時期尚早。燃料電池車の前に電気自動車を開発する必要があるのでは?という論が展開されている。

5 件中 1 件~ 5 件を表示