サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 闇の獄 上
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

闇の獄 上(中公文庫)

闇の獄 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

どう読ませるのか

2015/01/18 01:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竜生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

役者並みの顔を持つ男が、御店に勤める女をたぶらかし、盗人の引き込み役をさせると云うことから始まる。しかもその盗人集団は専ら急ぎ働きという、乱暴な集団で、入った先の人間は全て殺してしまう。中に病的な男が居て女を犯さずには居られないという酷さである。
さてその色男、親分の女に手を出したばかりに、押し込んだ屋敷に呼び込まれ、親分から顔を切られ、腹を刺されて置き去りにされ、家に火を放たれて大やけどを負うが、どういう訳か自力で外に這い出してくる。半死半生の状態で捉まり、牢で手当を受けるが、買収された牢役人の手を経て、検校を頭目とする暗殺者集団に買い取られる。
その後、暗殺者の一人である座頭の指導を受け、暗殺者として育てられるわけであるが、何の訓練も受けていなかった軟弱な色男が、殺しの技術を身に付けられるとは思えない。しかも顔は灼かれて眼は見えなくなっている。歩くだけでも大変だと思われる男が、いとも簡単に一流の殺し屋に育てられるというところは、やや違和感を持つのである。しかも強くなるに従って、暗殺者になることに抵抗感を持つということになり、一体どういう主人公にしたいのか解らない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/13 11:52

投稿元:ブクログ

全二巻。
盗賊の引き込みをしていた男が、
裏切られて殺されかけ、
盲目の殺し屋として再生する。
って話。

これシリーズ化するのかな。
シリーズになるなら読みたい。
これで完結ならうーんって感じ。

座頭市と必殺仕事人が合体したような感じだけど、
主人公は殺し屋になってから逆に真人間になっていき、
そこの葛藤とか結構いい。
表紙はあいかわらず中二くさいけど、
中身は割と重厚感あるし。

ただ、上で記した通り、
シリーズ一作目なら結構期待だけど、
これで終わりなら尻切れとんぼ。
今後に期待。

2015/04/29 17:15

投稿元:ブクログ

盗賊団で仲間の裏切で瀕死の重傷から暗殺団に救われ、座頭にされて暗殺団の一味となる。座頭市&必殺仕事人を足して割った様なストーリーで面白い。1巻は、殺し屋と成長して昔裏切られた盗賊団への復讐の予兆で終え2巻に続く。

3 件中 1 件~ 3 件を表示