サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

Stand Up! 3 (マーガレットコミックス)(マーガレットコミックス)

Stand Up! 3 (マーガレットコミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

波乱を呼ぶな!!犬居くんよ!!

2016/02/23 05:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

不登校児の犬居くんが、(主にうたまるの呼びかけで)学校に出てきます。まだ人との距離感の取り方が曖昧で、うたまるの行為を無下にしちゃったり大変です。

そしてあのぶりっ子センパイは犬居くんを知ってるぬ風でしたが、どんな関係なんだろう…。回想に出てくる犬居くんの片恋相手だったらイヤだな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

淡いのです…!

2015/09/04 00:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の雰囲気がすでに。原田くんって邪念がなさそう。ぴゅー、っとまっすぐ自分の気持ちを信じられる子です。そんな原田くんがすきになったうたまるだって負けてないです。
そんな2人の淡くゆっくり進んで行く恋模様と、周りの人を見守っていきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青春

2015/03/02 18:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

うたまると原田がまえよりもずっと恋人らしくなっている気がします(^-^)それから、原田とうたまるがいぬいくんのために行動するところがすごく好きです。いぬいくんの過去はこれからわかっていくのかな?たのしみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青春!

2015/08/22 10:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うめきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

人を好きになってつきあうまでの心の動きとか、つきあいはじめの相手の動作ひとつひとつにドキドキする感じとかがよく出ている作品だと思います。まさに青春…!ヒロイン卯多子がとってもかわいいです。なんといっても山川あいじさんのセンスある絵が目をひきます(この巻は絵が未完成なままで掲載されている箇所がありますが)。ゆっくりでいいので、この雰囲気をこわさず巻を重ねていってほしいと切に願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/27 20:22

投稿元:ブクログ

"「原田といると 背のびしたりうつむかなくていいんだ…」
…少しだけ 古屋の肩が ぶつかった"

場面の切り取り方がけっこう好き。

"「………おまえ逃げグセは変わってないな」
「私がいつ逃げたの」
「さっきも逃げようとしただろ」
「…そのまま受け取らないでよ
私は…これでも前よりずっと前向きだよ」"

2015/03/03 11:02

投稿元:ブクログ

相変わらず純情で真っ直ぐな主人公が可愛かったです!

でもまたイマイチ意味が分からないコマ運び?流れがありました。
何度か読めば分かるのかなぁ〜

2015/02/25 21:31

投稿元:ブクログ

ふわふわふわふわしてる、、
2巻までは分かりやすくてすごいいい感じだったのに、3巻なんか難しいよ、、
みんなの本心が分かりずらい、、
いやでも追っかけ続けますちゃんと

2015/06/03 19:48

投稿元:ブクログ

「文化祭 原田といっぱいまわるんだー」

隣を歩きながら
うれしそうに照れ笑いするうたまるを横目に
照れながらも愛おしそうに見つめる原田。


近づく文化祭。
クラスの雰囲気が徐々に盛り上がっていく中、
ぎゅうぎゅうに詰め込まれたプリントが
机からはみ出して今にも落ちそうになっている
からっぽの席。

椅子の背中には「犬居」の文字。


犬居くん

もう2年も留年している男子生徒。


原田とうたまるは
なんとかもう一度学校にきてもらうために呼びかけるのだけど
この犬居くんが一癖も二癖もあって
なかなか手強い。

うたまるが犬居くんのために作った
授業ノート。

「ありがとう」
と言いつつ
そのあと教室のゴミ箱に捨ててしまうのだけど
それを見つけた原田がそのノートを抱えて
犬居くんが乗る電車に駆け込んだシーンは
ハァ、ハァ、ハァ・・・って
原田が全力で走ってきた息づかいが
今にも聞こえてきそうなくらいだった。

汗だくで、おでこ全開で、
でも
キラキラしてて。

シャツのボタンとネクタイをゆるめて
ズボンの裾をまくって
毛先からポタポタと雫を落としながら
少し困った顔で優しく笑う。

「・・・ごめん 追いかけないと次がない気がして・・・」

このシーンの眩しさったら!


「あーやべ カバン教室に置きっぱ」

夢中で追いかけて
電車賃の小銭もわずかしかなくて
ただ握り締めてるのは
捨てられたうたまるのノートと
犬居くんの腕。


今となってはよっぽどのことがない限り
無理して電車に駆け込むこともないし、
ましてや日々の生活の中で
全力疾走する理由もない私からすると
もう眩しいくらいにキラキラして見えたんだ。


こちらでも感想を書いています。
http://oshirukomoe.jugem.jp/?eid=1540
よかったらお立ち寄りくださいませ^^

2015/02/25 22:49

投稿元:ブクログ

話があちこちに飛んでいく感じで、一回読んだだけじゃうまくつかめなくて、でも登場人物たちの「好き」はあちこちに溢れているのだけはすごく感じた。ふわっとするのは山川さんの特徴だと思うし、絵がほんとにすき。かわいい。
一巻から読み返してニヤニヤがとまらなくなった。かわいすぎる。

2015/03/16 07:38

投稿元:ブクログ

久しぶりの新刊。この2人の組み合わせ、やっぱり好きだなあ。
犬井くんが羨ましい。こんなにまっすぐ向き合ってくれる人ってなかなかいないと思う。頑張ってクラスに馴染めるといいな。

10 件中 1 件~ 10 件を表示