サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

hontoレビュー

残照 三十一文字の恋

残照 三十一文字の恋 みんなのレビュー

  • 夏海 優 (著)
  • 税込価格:6486pt
  • 出版社:文芸社
  • 取扱開始日:2015/01/20
  • 発送可能日:1~3日

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/11/22 03:57

投稿元:ブクログ

『老人文学』と言うべきものかな。
著者も老人で 老人の物語を紡ぐ時代かもしれない。
時間はたっぷりあるのだから、本を書くのもありだ。
4話。残照、介護人はスーパーマン、蝶の贈りもの、魚の小骨。
いずれも 老人の淡い思いを書いたもの。
自律神経失調症を抱えた妻と 娘はいるが 孫がいない。
そんな老人が、人妻に 恋をする。
はじめは『心のマドンナ』と言っているが、ラブレターを出し
手を握ってもらい、さらに 告白をする。
人間は 次から次へ 発展しないと 満足できないものだ。
しかし、この老人の視野の狭さは 
なんという せつないものがあるのかと思う。
考えることがないのかい という 感じでもある。
社会性や歴史の動向や、大きな地震があっても
まったく関係なく ひたすら 恋を募らせる。
なぜか、風前の灯の嫌らしさ。
あぁ。そんな老人になりたくないと思う老人である。

1 件中 1 件~ 1 件を表示