サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

初夜 王女の政略結婚

初夜 王女の政略結婚 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

瞬時に異世界にトリップです

2015/10/18 20:41

13人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代エジプトもの。
政略結婚で思わぬ身分の低い夫をあてがわれた、次期王の座を戴く王女、17歳のネフェルアセト。
ですが、彼女を優しく気遣う夫アフレムに、不覚にも惹かれ、恋に落ちてしまいます。
気位が高く、素直になれない17歳のツンデレ王女様。
王の謀略により、城から去ってしまったアフレムを追って、砂漠へと向かうネフェルアセト。
上下エジプトを巡る国同士の思惑に巻き込まれ、彼女の人生も動いていきます。

17歳で世間知らずなツンデレ王女様が、後先も考えず、恋した男を追っかけて行ってトラブルに巻き込まれる話なのですが、そう言ってしまえば身も蓋もないのです。

ゆったりした時間の流れと空気の熱を感じさせる情景描写、寡黙だけれど精緻な文体、ヒロインネフェルアセトの傲岸な言葉遣いなど、様々な要素を絡み会わせ、見事に作品世界を確立しています。
瞬時に作品世界の中にトリップしてしまえるほど。
そんな中に展開する濃密なエロシーンは、息を潜めて読みふけってしまうほど、ねっとりと官能的。
何度身のうちから、熱いものが沸き上がって来たことか。

ヒロインを形成した環境、生い立ちもストーリーの中にしっかり息づいており、ネフェルアセトという存在を、しっかり形作っています。
ヒーローアフレムは、ネフェルアセト視点で描かれるので、いつも欲情した目線で見ているか、見られているかなので、そこだけかよ、と思ってしまいますが、ホントはもっと良いところがいっぱいありそうです。
ネフェルアセトがいない、孤軍奮闘しているアフレムの姿も、ちょこちょこ織り込んでもらえると、恋する男以外の彼の魅力も見られて良かっただろうに、と思いました。

とはいえ、これが投稿作と言う新人様!
次回作が楽しみです。
イラストは、周防佑未さんで、エロくて濃厚。
クセがあるので好き嫌いあると思いますが、この作品には合っていると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

乙女系レーベル

2015/03/24 15:39

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいあいあいこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

乙女系レーベル。対象年齢ではないと思いつつも読んでみたくなります。
言葉遣いが男性のようなヒロイン。
身分の高い人はこうだったのか~と思いながら読みました。
政略結婚をさせられたあとのヒロインが知る様々なこと。
そこからまた、ひとつ成長したような。
このレーベルは刺激のあるエロティックな場面がありますが、そればっかりではなく、ストーリーもしっかりあったのでよかったです。
言葉使いがもう少し女性らしかったらな、と残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

珍しい舞台設定

2016/10/26 09:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bera - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代エジプトのTLって初めて読みました。
服装やメイクなど初めて読む設定が多くて新鮮です。

評価が高かったので買ってみたんですが、まあこんなもんかなーという感想。ツンツンしてたお姫様が、ヒーローにあっさり落ちて最後はしっかりデレてました。
ツンデレ好きにはおいしい話かと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/15 20:42

投稿元:ブクログ

ティーンズラブのレーベルですが、えろだけでなく物語もしっかりしていて、両方楽しめました(笑)
文章も、軽すぎない感じで読みやすかったです。

2015/07/07 22:03

投稿元:ブクログ

古代エジプトものっていうのは、結構珍しいんじゃないでしょうか。
王の娘として生まれ、夫を王にすることができる王女のネフェルアセトが、王の決めた夫であるアフレムを迎えます。最初は夫に対して反発してるけど、彼の優しさにだんだん惹かれ、戻って来ない夫の元に飛び出しちゃったりもしてます。

最初ネフェルアセトが高慢で、侍女に対しても当たり散らしていたんで、ちょっとなぁって思っていましたけど、この高慢さがエジプトの王女って感じで、アフレムとのやり取りも、最初はアフレムが完全下僕状態でしたけど、後半はアフレムが優しいけど有無言わせず自分の思うとおりにしてて、いい感じでした。

王女の立場よりもアフレムと一緒にいたいって、出奔しちゃってるのが、17歳の女の子なんだなぁって思いました。

アフレムの乳兄妹に嫉妬してるネフェルアセトとか、セジェンに嫉妬してるアフレムとかもいいです。
アフレムがネフェルアセトの夫になるために、画策したあれこれも知りたかったです。

イラストは周防佑未さんですが、ちょっと絵が荒いかなぁ。
表紙はいいんですけどね。

2015/11/03 18:39

投稿元:ブクログ

あてがわれた結婚相手とはいえ
ネフェルアセトにとってアフレムの言動は
自分を愛してくれていると感じることのできるもので、
臆病な自分のことも、せかさずに待ってくれるアフレムに心を開いていくのは自然なこと。
私だって好きになりましたとも!
エジプトものを読んだことがないのでどうかなと思いましたが買ってよかった1冊です。

6 件中 1 件~ 6 件を表示